一番弟子(20160328)

 

20160328合気道「眞武館」昨夜は、合気道「眞武館」島本道場での合気道指導日でした。

合気道「眞武館」は、約6年前の4月3日に高槻市立古曽部防災公園体育館で道場開きを行い、その年の5月10日に一番弟子K藤君の入門をもって島本町立体育館を中心とした稽古を開始し、その活動を始めました。

島本町での本格的な活動は、5月10日からになり、あれから5年と11か月近くが経ったことになります。

ある意味、合気道「眞武館」の歴史は、一番弟子K藤君と共に歩いてきたとも言えます。

現在の月曜と木曜日の稽古日程も

「君の1週間で都合の良い曜日はいつや?」

と言う私の問いかけへの彼の返事から決まりました。

当初は二人だけ、あるいは門川師範に応援頂いて3人での贅沢な稽古の日々でした。

ほぼ一月後に2番弟子S木さんに入門頂けました事も懐かしい限りです。

その一番弟子K藤君が昨日をもって島本町民としての最後の稽古と挨拶の為に、久しぶりに道場に顔を見せてくれました。

大学院を卒業し、すでに2日前に住民票も新天地の浜松市に移したとの事。

明日には独身寮へ入寮して4月1日に入社式だそうで、社会人としての一歩を踏み出すそうです。

これからも帰阪の際には稽古に顔を出すとの事で、ゴールデンウィークには、二段の印可状を受け取りに帰ってくるとのこと。

まだまだ、お付き合いは途切れることはなさそうですが、道場としても一つの区切り目になりそうです。

先に大学卒業と共に就職を果たした4番弟子H本君も今年六月に結婚式を控えております。K藤君とは同級ですので皆が成長していく姿に嬉しく、また感慨深いものを感じます。

K藤君、5年と10カ月、本当にありがとうございました。また、これからもよろしく。

2016年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=102時間/36日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。