山場を越えるには

合気道の言葉でナンバ歩きと言う言葉があります。険しく危ない山坂道を歩く時に安全で安定した歩き方と言う事が語源という一説もある。

今仕事が大きな山場を迎えている。山場イコール難場でもある。合気道のナンバ歩きの要領で安定した歩みでこの難局を乗り切りたいところである。

連夜、深夜もしくは深夜近くまでの残留が続いている。残業と言わないのは、特に業務をしているわけではなく遅くまで残業を行っている部下たちのマネージメントのために残っているからだ。

この難局を一生懸命乗り切ろうとがんばってくれている部下たちには頭が下がる思いである。何とか環境を整えてスムーズに仕事が運ぶように手助けが出来ればと思う。

この山場、難場を乗り切るにはチームワークが大切だ。それぞれがそれぞれの能力を100%以上出し切れれば合気道のナンバ歩きがごとく安定した歩みが続けられる。

自らも泥にまみれて汗を掻いて部下たちと一緒に業務を行いたいが、現業を離れて久しい私が手を出せばそれこそ足手まといになる。部下たちが能力を発揮できる環境づくりや障害の排除に私の能力を出し切りたいと思う。

もう少しで部下たちと美酒に浸る慰労の宴がもてそうである。是非とも成功裏にこの仕事を終わらせたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。