合気道 飛蚊症は治ります(20190712)

先月よりこれまで二度右目に罹患した飛蚊症に左目が罹患しました。IT系の仕事に携わって永年になるので職業病でしょうか。右目は地元のやぶ医者にかかり、老化によるものなので二度と治りませんと宣言された中、二度とも自己療法で完治させました。いずれも今回と同じく大きく多数の黒や茶色の影が視界をうごめき回りました。

視界の多くを塞ぐほどの大きな影がありノイローゼにならないかと心配しましたが、前二回の経験から自己療法で直せると確信して一月ほどでほぼ完治致しました。

合気道 飛蚊症の直しかた

自己療法の内容は次のようなものです。まずは、目の健康のために必要な「リテイン」の集中投与です。

これには市販サプリメントを使いますが、一般的なものは、ルテイン配合が十ミリグラム程度ですが、これだと眼病予防には役立っても治療には不足です。「ひとみの恵み」と言うサプリメントは四倍の含有量を誇り、これを毎朝服用し、独自の目のストレッチ体操を行います。

また、朝食にはルテインを多く含むブルーベリージャムとヨーグルトを食し、昼間はjeansのPC眼鏡の内、ブルーライトを60%カットしてくれるものを着用します。

このPC眼鏡は20%、40%カットの二種類を合わせて3つ持っております。

そして、適時「∨ロート プレミアム」をさし、就寝時もこれを点眼した上で「メグリズム 蒸気でアイマスク」を装着して眠りにつきます。

そうすると目覚めと共に前夜より飛蚊症が大きく改善されたことを実感できます。

治らないと診断したやぶ医者に教えてやりたいくらいです。

飛蚊症でお悩みのかた、是非試してみてください。私はこの方法で三度直しました。

転職と合わせ、少し油断して、パソコン利用率が増えたにも関わらずPC眼鏡の着用を怠ったのが今回の大きな要因です。

同様の職業のかたも年齢と共に罹患しやすくなるようですのでお気をつけください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。