合気道多人数掛けでの心得(20190523)

昨日は、 合気道 「眞武館」ふれあいセンター道場での 合気道 指導日でした。常連の美結ちゃんは、修学旅行でお休みでした。お子さんの成長は早いものです。昨夜は、稽古参加人数も揃いましたので、「多人数掛け」での基礎動作と基本理合いについての研鑽としました。

土曜日の古曽部教室と同様の相半身交差持ち体の転換からの多人数掛けの稽古でしたが、小手返しを外外転換からに変えたり、四方投げの形を変えたり、四教すみ落としを加えたりと少し工夫をしました。

何れにしても、「入り身転換反射道」の基本理合いを念頭に置いていただき、その上で、特に次々と新たな受けに入り身で食い込むこと、受けとの間に隙を作らないことに注意をしていただきました。

激しい稽古となりましたが短時間で多くの稽古ができ、壁の掛け時計がなかなか進まない様に思える状況でしたが、非常に快活で楽しい稽古となりました。

結果的に古曽部での四時間の稽古よりも濃かったような気がします。

来週もこの調子で楽しんで頑張りましょう。

2019年の稽古日数と稽古時間:49日/145時

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。