· Categories: 未分類

本日は合気道眞武館島本道場の稽古日でした。稽古参加者は、一番弟子K籐君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、六番弟子H本君、七番弟子T尾さん、十一番弟子U城さん、十六番弟子N田さん、至誠館関大合気道サークルN山さんでした。

本日は、準備体操の後、冬の寒さに負けないために膝行と受身の稽古を行なって、身体を温めてから稽古に入りました。

先ずは、ここの所恒例となった、稽古に先んじて「体の転換」をなぜ行うのかの講釈と共にその理合いに沿って「徒に競い合わない」心と「入身転換術」としての技、つまり心技体の稽古として「体の転換」を入念に行なっていただきました。

ついで剣の摺り上げ、切り下げ動作の鍛錬として徒手での正面打ちの稽古をしていただき、その正面うちを受けと取りとで氣合わせから始めて正面打ち一教押え込みまでを順を追って稽古していただきました。

休憩時間を挟まずにここから相半身正面打ち入身投げを気結びから剣の切り下げの理合いで稽古いただき、逆半身片手持ち四方投げを、前後切り替えし正面打ちの剣の理合いで行っていただきました。

最後に気結びによる座技呼吸法、立ち技呼吸法としての天地投げで稽古を締めました。

今日の稽古は実は、五級昇級審査を受けられる十一番弟子U城さんの為に行なった面がありました。

稽古に続けて件のU城さんの昇級審査、七番弟子T尾さんの初段昇段審査と進めました。

U城さんは、入門間もないがしっかりと稽古の成果を見せていただけました。審査の寸評として次の四級昇級に向けてこれまでどおり、あせらずにマイペースで稽古を続けていただきたいとお伝えしました。

T尾さんは、さすがに初段審査だけあって審査の結果も満足いくものでありました。自由技を中心に審査をおこないましたが、多人数掛けや、短刀取り等も披露していただきました。緊張があって少し力まれていましたが、この一年で合気道のスタイルがずいぶんと変わられ、眞武館らしい技を見せていただけました。特に片手両手持ちからの技は、完全に眞武館スタイルであったと思いました。既に昇段祝いの黒帯も用意しておりますが、頼もしい限りです。

これで今年の審査は終了ですが、この一年、皆良く頑張って稽古していただき、其々に成長していただけたと思います。嬉しい気持ちで帰路につくことが出来ました。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=492時間/203日)

· Categories: 未分類

本日は、昨日以来母の二度目の夕食に立ち会いました。

今日は、昨日と異なり、食事の補助を自らさせていただきました。また、母も今日は完全に目覚めていて、私の顔をみて「ハンサムやな。お母ちゃんの息子やもんな。」と親ばかを発揮して笑っています。本当に調子が良いようです。

食事は、お茶碗一杯のお粥とジャガイモの煮付け、なすの煮物、あんかけ豆腐でしたが、かなりの量にもかかわらず完食してくれました。食事介助に大汗をかきましたが、30分ほど時間はかかったものの見事に食べてくれました。

これで胃ろうの手術は完全に中止です。途中「おいしいか」の問いかけに「おいしいで」とも答えてくれました。木曜日に東日本大震災の話の中で「お前は大丈夫やったんか」と私の身の上を案じてくれて以来の発言でした。本当に涙が出そうなくらい嬉しかったです。

神戸の妹に連絡を入れて、兄妹で喜びを分かち合いました。家内も喜んでくれています。

食事の前に、母が危篤状態に陥って深夜二時に親族を集めたこと。そのとき医師に意識が戻ることはあまり望めないと告げられ、食事は二度と出来ないでしょうと言われていたことも話しました。

そこから驚くような回復を見せて、意識があるどころか話も出来て食事も出来る状態になってきたのだから、話しにくい、食事しにくいのは、なってしまったのだから悔やんでもどうしようもないので、それにめげずに話しにくいところを話し、食べにくいところを頑張って食べて、全てリハビリやと思って頑張れと告げたのが効を奏したようです。母の頑張りに頭が下がります。私も一日一日を大切に会社や合気道も頑張って行きたいと思います。

この一年はバイクにほとんど乗れなかったのですが、本日車検のため赤男爵さんに愛車BMWR1150RTを預けました。ほとんど一年ぶりにお会いする店長や工場長とお話し、この一年のご無沙汰を詫びました。二男が立ち寄るたびに私の近況を尋ねてくださり、本当にご心配をおかけしました。

フライングサンクラブの後輩達の近況等について店長とお話してバイクを置いて赤男爵を後にしました。

· Categories: 未分類

本日は午前中の高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館、午後からは高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館での6時間に亘る市民公開合気道教室の稽古日でした。

午前中の芝生体育館では門川師範のご指導による合気道一般稽古を10時から12時までの2時間、その後、午後13時から17時までの4時間が私の指導での武器技の稽古でした。

本日は、家内が芝生スポーツセンターまで他の用事の為に自家用車に同乗し、稽古後に駐車場で待合せて一緒に古曽部防災スポーツ公園に向かいました。

途中、いつもの国道170号線沿いの吉野家で昼食を摂ったのですが、土曜日の午前と午後の教室が重なるときはいつもここで食事をしていたにもかかわらず、知らぬ間に改装していました。丁度12月から新規オープンしたとの事で店内のレイアウトが変わり、真新しいつくりになっていました。

午後からの稽古は、一番弟子K籐君、至誠館から鉄人T居さん、K藤さん、高校生のK籐君、N江さんが参加くださいました。

本日も280本の杖素振りを伴う準備運動に続いて剣の振り上げ動作としての一教動作と剣の振り下ろし動作をベースに徒手技での正面打ち一教押え込みを稽古し、次に、これに前後切り替えし正面打ちの型を大事にした片手持ちからの四方投げの裏と表を稽古いただきました。

ついで横面打ちに対して剣の振り下ろし動作で結びをいれ、剣の摺上げ動作でさらに結びを強め、ついで剣を切り下ろす理合いでの一教押え込みを行なっていただきました。

ここから横面打ちに対して切り下ろした手刀で受けの手刀に結びを入れて下方へさらに切り下ろす事で受けを大きく崩しての四方投げ、入身投げと技を展開しました。いずれも取りの結びの動作に受けが反射動作を行なう事で大きく崩れる事を体現いただきました。

気結びによる座技呼吸法と、同じく気結びによる天地投げを行なってから、31式組み杖の稽古後、杖対杖での気結び技を行い4時間に亘る午後の稽古を終えました。

昨日、仕事中に母の病院より連絡があり、8日に予定していた胃ろうの手術が中止となったとの事、何でもゼリー等による食事のリハビリがうまく行って食事が出来る可能性が高くなったとの事でした。昨日は仕事で10時過ぎまで会社におりましたので、午後の合気道教室の後、母を見舞いました。

母の鼻から栄養チューブが外され、夕食から食事が出るとの事。食事の時間まで待って、いよいよ入院後初めての食事と言う段になっても母が眠りから覚めません。無理やり起こして目を開けさせましたが、頭はどっかに飛んでいるようでスプーンを口に運ぶと口はあけるのですが、なかなか飲み込みません。最後にあきらめて看護士さんに口の中に残ったものをブラシ等で取り出していただいて、今夜の初夕食はあきらめました。

少し熱があったのですが、熱があるときはこのようにどこかに意識が飛ぶようです。明日に期待します。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=490時間/202日)

· Categories: 未分類

昨日こちらに記述しましたように、レンタルサーバのサーバ機器の入れ替えをして頂き、環境が変わったので、このサイトのブログシステムも最新版に入れ替えました。

いろいろなプラグインも最新版にアップバージョンを行ったのですが、少しばかり不具合が出ました。特にこの際との外観を極めるテーマに不具合があり、ブログが古い順に掲載される様になりました。ちょうどテーマもバージョンアップするつもりだったのですが、この不具合で再検討しなければならなくなりました。

一時的にテーマを変えましたので驚かれた方も多いと思いますが、土日のお休みにでも正規なものに致しますので今しばらくお待ちください。

モバイル版の方は自分では満足いたしておりますが、もしご感想をいただけるのであれば、コメントに書いていただくか、直接お会いした時にでもお伝えください。

本日の母は、非常に調子が良く、昨日差し入れたプリンを食事リハビリで食べた様で、「たべたか?」の問いに「おいしかった、食べたで」と返事がありました。声を聞くのは久しぶりです。

東日本大震災の話をしてやると、すっかり母の頭の中では消え去っており、非常に驚いた様子で「お前は大丈夫やったんか?」と私のことを心配してくれました。

良くなりつつある兆しであって欲しいと切に願いました。

· Categories: 未分類

本日をもって、レンタルサーバーが新しいものに引っ越し致しました。
これまでPHPのバージョンが4.9で止まっており、5.0以上が動作保証となるこのブログのベースであるWordPressの最新バージョンに移行出来なかったのですが、レンタルサーバーのオーナーのご好意でこれが可能になりました。

WordPress自体のバージョンアップは時間が取れる休日に行うことにして、早速、スマートフォンや携帯電話からのアクセスに対応したモバイル向きの軽いテーマが使えるプラグインを久しぶりにアップバージョンして動かして見ました。

このプラグインもPHP5以上しか動作しなくなって既に一年以上経過しておりましたので、モバイル環境からアクセスして頂いていた方々には大きなパケットで苦労されたと思いますが、本日からは非常に軽いパケットとなっているはずです。iPhoneやその他のスマートフォンからのアクセスの場合、デフォルトでモバイルモードになっておりますが、サイトの最下部にPC版で見るモードへのスイッチがありますので、重たくてもよいといわれる方はここをクリック願います。

PCモードからモバイルモードへの切り替えもサイト最下段にスイッチがありますので同様にこれをクリック願います。

突然画面のイメージが変わって驚かれた方も多かったかと思いますが、これからもサイトを使いやすくさせていただきますので今後ともよろしくお願いいたします。

近々ツイッター連動などにも対応したいと考えております。

· Categories: 未分類

本日は、合気道至誠館市役所道場での稽古日であった。

仕事で30分ほど遅れて入ったが、本日も至誠館は盛況で30名近い門下生で熱気にあふれていた。本日の稽古は片手両手取りからの技であった。本日は、眞武館からは私だけが参加であった。

稽古後は、火曜日恒例の夜の幹部会である。いつもの居酒屋「居心伝」は、本日も満員で入店できなかったので「天狗」に行く事になった。今年の至誠館の忘年会もここで12月27日の火曜日に行われることになっている。

眞武館の忘年会は前日の26日月曜日なのだが、昨日からお配りしている案内文に誤植があった事が門川師範のご指摘で判明した。26日を火曜日と表記しておりました。先に書きましたように至誠館の忘年会と私の頭の中で混乱してしまっていた様です。(^^;

既に案内を受け取られた方はお間違えの無き様、お願いいたします。m(_’_)m

さあ、いよいよ師走です。今年遣り残した事が無い様に、頑張って行きたいと思います。

母の胃ろうの手術日が明日から12月8日に延期になりました。こちらも気が気ではありませんが、幹部会の席でT口師範のお母様も母と同じ状況で鼻からの栄養チューブを入れられての入院中との事です。状況も酷似しておりました。お互い気の抜けない年末、年始となりそうです。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=484時間/201日)

· Categories: 未分類

本日は、合気道眞武館島本道場の稽古指導日でした。

本日も、「体の転換」についての入念な解説と稽古から始めました。もちろんいつもの準備体操を行ってからですが。島本町立体育館は、既に寒さを感じ出しました。畳の上でも足の裏が冷たくなって参りましたので準備体操も足を暖める事が肝要になってまいりました。

「体の転換」については「信念」のページにも新たに掲載しておりますのでそちらもご参照ください。

本日の稽古参加者は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、六番弟子H本君、十一番弟子U城さん、十六番弟子N田さん、至誠館関大合気道サークルN山さんでした。

「体の転換」につづいて徒手での「前後切り替えし正面打ち」の素振り稽古を行い、剣の振り上げ動作による一教動作としての摺り上げ動作と入り身転換術の稽古としました。

その上で、「逆半身片手持ち前後切り替えし正面打ちによる四方投げ(表)」を稽古いたしました。

昨日の古曽部での稽古と同じく、四方投げを行おうという気持ちを捨てて、受けの手をひねり上げたり極めたりせずに単に「前後切り替えし正面打ち」の素振り動作をきれいに行う事にこだわって頂きました。

先の「体の転換」でも同様に説明しましたが、「徒に競う」気持ちを捨てて、「空」になるために、その前段階として日舞を踊るような気持ちできれいな「体の転換」や「前後切り替えし正面打ち」素振りの形を先ず作る事に専念いただいたわけです。所謂「形から入る」と言う指導方法です。

「徒に競わない”空”の心」と美しい合気動作を先ず身に付けて頂けば、合理的に作り上げられている合気技は後から付いてくると考えております。受けを倒すのが目的ではなく、美しい合気の動作を行えば受けと合気して、受けは必然的に導かれ倒されるものなのです。

腕押さえもあくまで押さえるのではなく、剣の打ち込み動作によりぶつからずに結果的に抑え込みの動作となるとしました。ここには体重を受けの腕にかけたり、ひねり上げる動作は無く、剣の摺り上げ動作としての一教動作と振り下ろしで受けの徒手に結びを入れて気の流れで抑え込みます。最後に取りに短刀を持っていただき、剣の代わりに短刀での前後切り替えし正面打ちをして頂いての四方投げとしました。これできちんと正面打ち動作が出来ているかを自己検証していただいたわけです。

続いて、昨日古曽部で行ったのとは別の理合いから「横面打ち前後切り替えし正面打ち一教抑え込み」を行いました。昨日は打ち込んでくる手と交差する徒手で一教摺り上げ動作で結びを入れましたが、今回は相手が右で打ち下ろして来たのなら、左手で一教摺り上げ動作を行って結びを入れて続く前後切り替えしての打ち下ろし、つまり入り身転換打ち下ろしで一教抑え込みを実現すると言う事に取り組んで頂きました。

その後、座技呼吸法で手を添えただけの受けの手に反射動作を使って結びを入れる稽古をして頂き、これを天地投げに応用して頂きました。

本日と昨日の稽古の最初から最後までが私の考える入り身転換反射です。反射動作は結びに繋がる重要な理合いだと考えております。

初心者の方も何とか難しい理合いの下の稽古について来て頂けました。最初からこの様な理合いの説明をさせて頂いた方が基礎がしっかり出来ると考えております。稽古自体も和気藹々とにぎやかに楽しく出来ました。

当面この様な方法で稽古して行きたいと思います。

今年の累積稽古日数が200日に達しました。\(^o^)/

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=482時間/200日)