楽しむ事

昨日もお仕事のほうが忙しく、合気道「至誠館」市役所道場には顔を出す事が出来ませんでした。

夜の幹部会の方も疲れ切った為、参加する余力がありませんでした。帰宅後食事をして、いつの間にか炬燵で気絶したかの様に眠っておりました。

このように忙しい日々を職場で過ごしておりますが、配下の部下たちも忙しく心身ともに疲れている事は間違いないのですが、職場に笑顔と笑いが絶えないのが救いです。

合気道での門川師範の「苦しい事、つらい事こそ楽しみながらやらねばなりません。」と言うお教えを職場でも事ある毎にお話して、仕事を楽しむことの重要性を説いております。なにせ就職してからは一日のうちで会社に居る時間が最も長いのですから楽しまないと人生自身も楽しくなくなります。

私の職場では皆がそれを実践していてくれているようです。厳しくつらい仕事であってもそこに何か楽しみを自ら見つけてやらされる仕事ではなく、自分の仕事は自分で自ら作り上げて行く事でその仕事を楽しむことが出来ます。上から強制された仕事であっても自主性を自ら見出して付加価値を加えることで楽しい仕事になります。

ここ数年間、ずっとこのように忙しく残業や休日出勤が常態化しておりますが、頼もしい部下たちに恵まれて、先に書きました様に職場に笑顔や笑い声が絶えません。真剣な中にも楽しみを見つける本当のプロ集団に育ってくれていると自画自賛しております。ありがたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。