眞武館島本道場稽古指導(2011.05.16)

本日は、合気道眞武館島本道場での稽古指導であった。

本日の稽古は、十四番弟子Y山さんの小学生の娘さんが二回目となる稽古参加となった。空手の稽古着を着込んでやる気満々である。その期待に副うため、私も母娘ともどもに一生懸命稽古指導させて頂きました。

眞武館島本道場の稽古参加者は、先のÝ山さん母娘、いつも一番元気に稽古される73歳の4番弟子TJさんとバラエティーに飛んでおり、稽古場の雰囲気を何時も盛り上げてくださる方が多い。

今日もTJさんには、これぞ眞武館の稽古と言う雰囲気作りにご活躍いただけました。お相手をされる他の門下生の方々もTJさんに合わせ、非常に楽しそうに稽古をされておられ、本当にアットホームな雰囲気を醸し出していただいている。

今日の稽古では、最近必ず行っている膝行の稽古と体の転換の入念な稽古の後、体の転換の応用技としての正面打ち入り身投げと正面突き小手返しの稽古を行った。

この間、相対したときには既に勝っている。あるいは、徒に勝負をしない心の育成として、勝負をしないから負けない合気道を育成するためにも頭で考えずに体で反応するための稽古の大切さを教示した。押さば引け、引かば押せの柔道の理合いと相通ずる合気道のぶつからない反射運動についても言及した。

アットホームな雰囲気の中、二時間の合気道稽古を終えた。

今日の稽古参加者は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、十四番弟子Y山さんとその娘さん、至誠館関大合気道サークルN山さんと腰を痛められて見て取り稽古となった十三番弟子U道さんでした。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=239時間/92日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。