合気道:至誠館夜の幹部会

本日は、至誠館市役所道場の稽古日でした。

本日の稽古は、相半身交差持ちから体の転換、三教の捌きで押え込み、入り身投げ回転投げを行い、同じく交差持ちからの小手返し、相半身交差持ち二教極めからの四方投げを行い、最後に天地投げで稽古を終えました。

稽古後は、火曜日恒例の夜の幹部会ですが、常連となった「居心伝」がお休みでした。これまで火曜日は開店していたのに突然のお休みで「開店早々倒産か」との思いを参加者全員が想像したようでした。折角常連となりましたのに定休日の変更や倒産でなければと言う意見の中、すぐ近くに良いお店を見つけました。

「大阪高槻かしわや 鳥錦(とりきん)」と言うお店で、アサヒ・スーパードライやトリスハイボールがなんと280円です。食べ物もおいしく、なおかつお安い。これからはこのお店でと言う意見が・・・・こうして変にお店を休むとお客が離れていくのでしょうね。

「鳥錦」の弱点は椅子が20リッタードラム缶の上に座布団を敷いただけなので長時間粘るとお尻が痛くなることです。あとは、冬は隙間風が寒そうなこと位です。常連メニューのひとつになりそうです。

谷口師範と「次は週末の小豆島合宿で」とお別れの言葉を阪急高槻市駅で交わして帰路に着きました。

追記:お弟子さんの人数が増えて、どなたが何番弟子だったかがあやふやになって管理が難しくなって参りましたのでサイドバーに門人一覧を設けました。ご参照ください。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=241時間/93日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。