脱力

本日は、至誠館市役所道場での稽古であった。

しばらく新人の方の参入が無かったのだが、ここ一ヶ月ほどの間に何名かの初心者の方が入門された。新しい方がこられると言う事は、道場にとっての新陳代謝であり、良い刺激を受ける事ができるので、非常に喜ばしい事である。

新人の方々と稽古で接すると、今の自分に至る過程を思い起こさせられる。やはり、最初に先輩の方々にお教え頂いた事をお教えすることになる。

初心者の方の最初の難関は、合氣道特有の体の使い方であったり、技を施す順番であったりするが、なかなか会得できないのが脱力である。

格闘技としての合気道に取り組もうとする気持ちや、緊張からなかなか力を抜くことが出来ない。武道の基本は平常心とよく言われるが、最初の難関がこの平常心の会得であろう。

初めての道場、初めての人間関係等、緊張する要素は多く、リラックスしろと言うほうが難しい。この緊張を解きほぐしてあげるのがベテラン組の最初の手ほどきかもしれない。テクニックをあれこれお教えするよりも、道場の空気に慣れていただく事も大事な武道の要素かもしれない。相対すれば和合の武道が合気道成ればなおさらである。

合気道は楽しまなければならない。門川師範の教えである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。