新道場

本日は、初めての日立金属さんでの眞武館の稽古となり、新道場「眞武館日立金属道場」の旅立ちの日となりました。

日立金属さんの大きな工場の一番隅っこに体育館とトレーニングルームのある厚生施設ビルがありました。入門からそこまででも5分近く歩きます。島本駅から15分程度になるので速歩にもちょうど良い距離です。

トレーニングルームは10名程度で合気道の稽古をするには最適な環境で非常にありがたく思いました。これも七番弟子T尾さんのおかげです。感謝!!

今日は二番弟子S木さんの4級審査も行いました。一番弟子に続き、これまで欠点だとしていた猫背も昇級試験受験の為か、完全に克服され、特に正面打ちからの入り身投げは見違えるように立派な大きな技になっていました。

前回に続き、今何が出来て何が不足しているかを寸評でご指摘し、今後の研鑚の糧としていただけるような試験にさせていただいたつもりです。

受験を指示した時点で昇級のレベルに達しているのですから、試験を今後の上達のきっかけとしていただければ幸甚です。

今日は、交差持ちからの二教押さえの流れで小手返し、入り身投げ等を行い、ビギナーの一番弟子K藤君、6番弟子H本君に飛び受身の稽古をつけました。二人ともほぼ飛べるようになりましたので、後は慣れの問題でしょう。最後は天地投げを行い日立金属道場での初日の稽古を締めくくりました。

島本町体育館の木曜稽古が危機に瀕しましたが、これで「雨ふって地固まる」「災い転じて福」となりました。

眞武館の歴史が積まれていく実感がします。創世記におられる門下生の皆さん。一緒に歴史を作って行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。