睡眠(20160518)

最近、睡眠時間が不規則と言うべきか、不定期と言うべきか、おかしな具合になっております。

以前からちょくちょくと冬の間は炬燵、暖かくなったらソファーで夕食後に転寝する事が多かったのですが、10時か11時ごろから深夜2時か3時ごろまで寝てしまって、一旦目覚めてもそのままそこで朝まで寝てしまったり、布団に移って寝たりしておりました。

最近は少し事情が変わってしまいました。

同じように10時から11時頃に転寝に入るのですが、2時や3時に目覚めると眠れなくなってしまいます。先だっての土曜日は4時起きで、日曜日は3時半から目覚めて、寝付けないのでそのまま起床してしまいました。

日曜日はさすがに9時から10時まで二度寝してから墓参ツーリングに参りました。本来は6時頃に起きて早朝から出かけるつもりだったのですが・・・寝不足で体調が悪くなって、二度寝した次第です。今週は、平日になってもその傾向がつづき、布団で何度も目覚めながら朝を迎えます。

歳をとってしまったのが原因なのか、4時間半以上の連続睡眠が出来ない様なのです。これまで永年、深夜12時就寝、4時50分起床と言う生活を送っておりましたので、転寝であっても5時間弱の睡眠で目覚めてしまい、照明やテレビをつけたままの転寝の事が多く、ぐっすり眠れていないにも関わらず短時間睡眠となっているので睡眠不足になっているようです。

一度、生活習慣を正す必要がありそうです。睡眠不足だから気絶するように転寝をし、それが十分な休息睡眠とならず、短時間睡眠で睡眠不足と共に疲れが残り、また転寝をすると言う悪循環となっているものと思われます。

本日から転寝を改め、布団に11時前には必ず入ってぐっすりと眠る事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。