· Categories: 未分類

今日は明日の胃カメラに備えて9時以降は絶食である。

胃カメラの話題を振ると、良い話を聞いた例が無い。よくよくお聞きすると鼻からの胃カメラの経験者はまだまだ少ないようだ。自分自身としては、話の中でびびっているような事を言っているが、もう一つピンと来ていない。

自分のお腹の中を見れるのが楽しみでもある。びびっている自分を演じて楽しんでいる自分がそこにある。

29歳の頃から十二指腸球部には違和感を感じ続けている。幼い頃からお腹が冷えやすくて下痢を良くしていたが、お腹が冷えると十二指腸球部辺りが痛くなっていた。29歳頃からは、常にこの部分に暴慢感があり、指で押すと少しキリキリとした痛みがあり痛みのある部分も特定できる。

ただ、この症状を訴えて幾度もエコーやCT、MRIの検査を受けたが、十二指腸球部に異変が発見された事は無く、他の臓器の異変が発見される。例えば胆のう胞は、自覚症状の出始めた、その29歳のときに横浜の磯子総合病院で見つかった。その後、腎臓結石や腎のう胞も見つかったが十二指腸球部は触れられないままだった。

家内には、この暴慢感と四六時中納まらないきりきりとした痛みは、潜在的に何かあり、多分自分が死ぬときはこの部分の疾患が原因となるような気がしていると常に言ってきた。

今回の十二指腸球部腫瘍の可能性による再検査は、ある意味永年待っていた恋人のような気さえする。

何か異変があっても無くても、長年の心配事にピリオドを打てそうだ。そういう意味では、鼻胃カメラが怖いなんていっていられない。ある意味楽しみでもある。

さて、いよいよ明日だ。

食事を早く済ませるため合気道至誠館市役所道場はお休みした。

· Categories: 未分類

母の状態が思わしくない。

また、表情が無くなり、私の顔は見つめて認識しているようだが、全く言葉を発しなくなった。にっこりと笑うこともなくなった。左手も必死にマッサージしても血行が悪くなり、動く気配がなくなった。

母の体からは、既に鼻からの栄養チューブ以外のものは全て取り払われている。

今の状態が続いたらどうなるのであろうか?

胃ろうの手術をするまでは入院させて頂けるが、その後はどうなるのであろうか?

特老には胃ろう手術でPEGを装着した状態では戻れない。退所となる事は明確な回答があった。

近い将来への不安が大きくなった。いろいろと相談をする必要がある。

明後日の自分自身の胃カメラ検査ももどかしい。

· Categories: 未分類

本日は、合気道至誠館市役所道場での稽古日でした。

本日も多くの門下生の皆さんの熱気で稽古場である高槻市役所地下一階のリハーサル室は、冬だというのに汗だくに成る状況でした。

ニューヨーカーのサイモンが来春からまた職場を変わるそうです。入門以来三度目ですが、彼によると現在の日本の外国人雇用状況は売り手市場だそうです。

日本の来春卒業予定の大学生の就職内定率が11月現在で65%以下という超氷河期の雇用状況とは全く対照的で、これは東日本大震災の影響との事でした。

特に福島原発事故の影響が大きく、多くの欧米人を筆頭に外国の方々が自国や他国に避難された結果、雇用状況が一変したそうで、一年前に履歴書を雇用センターに提出しても声も掛けられなかったものが、今はひっきりなしに連絡が入り、給与等の待遇面も非常に良いものが多いそうです。

私の次男も来春就職ですが、何とか内定を頂いており、就職先は決まっておりますが、友人達はまだまだ就活中との事。自分が就職活動に燃えていた30年前を思い出します。

母のほうの病状は一進一退で今日は一言も話してくれませんでした。折角動いた左手も動かせないようです。なんとか元気を回復して欲しいものです。

明日は祭日ですので、稽古後久しぶりに夜の幹部会に出席させて頂いて、つもりに積もったストレスを解消させて頂きました。少々欝気味だった気分がすっきり致しました。

眞武館を撤退しようかと思っていた気分も回復してまたやる気が出て参りました。鬱の気分の間は決断をしてはいけないと思いつつ、昨日は日曜日の武器技講習会を断念する決断をしてしまいましたが、本日七番弟子T尾さんと話をしたところ、門下生の皆さんも日曜の夜は無理ではないかと思っていたそうです。

武器技講習会は、要望が出れば再開する事にしてやはり、一旦休止が正解だったようです。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=477時間/198日)

· Categories: 未分類

本日、日が変わったばかりの深夜に悪夢を見て飛び起きました。

新築の我が家に越してきたばかりの頃の夢で、なぜか三階建ての我が家の回り階段を幼児の次男を先頭にのぼっており、次に私、母、成人の長男が続いておりました。私に続く母が踊り場で転倒して、手すりも何もない階段の端から転落しそうになりました。私が踊り場に飛び降りて母に動くなと静止して落ちるところを何とか支えたところを下から長男が母の足を抑えて転がるのを止めてくれました。ほっとしたところを階上から幼児の次男が階下に音も無く転落して行き、驚きの叫びと共に目覚めました。

今日は夕方から次男が帰っておりません。近所の友人宅に居るのは大体分かっておりましたが、すぐに手元のiPhoneから次男に電話をかけてすぐに帰る様に言い渡しました。

ここのところ不運な事が続いております。これ以上何かが起こっては一大事です。「もう大人や」と抗議して言う次男に「大人やったら親に心配かける様な行動は慎め」と深夜に家から出歩かない様に厳しく言いつけました。

今日の母は、看病に参りましたところ、サイドテーブルに看護師の詰め所に来るようにとのメモがあり、今後のリハビリ計画について説明を受けました。

食事のリハビリのために、鼻からの栄養チューブによるものの他に、一日二食口からゼリーを食べるようにしたそうですが、今のところむせる事も無く食べているそうです。この様子ですと栄養チューブをはずせるかもしれません。そうなれば特老への復帰も可能になります。その他にもベッドに座らせたり、手足を動かしたりマッサージをするなどの運動をしているそうです。年齢の割りに復帰が早いようです。

ただ、記憶障害があるとの事。今日の母も一言も話せず、目もうつろで焦点が定まらず表情もまたくありません。目を開けたまま寝ているようです。試しに動く右手を握って、「私が見えているなら手を握れ」と言うと握り返します。表情は全く変わりません。焦点も合いません。「私の言っている事が分からないなら握れ」と言っても握りませんが、「分かるなら握れ」、「分かるなら離せ」と言うとその通りします。「しんどいのか」と言う問いには反応がないので大丈夫なようです。

合間に目やにをぬぐってやると目をつぶり、「目をあけて」と言う言葉には反応せずになきそうな表情になりました。きっと悔しくてたまらないのでしょう。私の胸に冷たいものが流れます。こちらも泣きそうな表情になりそうなのをこらえてにっこり笑って「大丈夫や、ゼリーが食べれるようになったんやから回復しているんや、ゆっくりでいいから頑張れ」と話しかけました。

面会時間が終了する時間になりました。後ろ髪を惹かれる思いで、「帰るからな、しっかり寝て、養生しいや」といって、右手にミトンを装着してやって、その手をマッサージしてから家内と共に病院を後にしました。

· Categories: 未分類

本日も合気道至誠館市役所道場の稽古日でしたが、稽古場に顔を出して新規入門者の保険手続きを門川師範にお願いして稽古をせずに失礼させて頂いた。

仕事を何とか早めに切り上げさせて頂いて母の見舞いに向かったのだが、見舞いの許可される時間に間に合わなかった。そのため、市役所に直接出向き、ちょうど稽古開始の時間だったのだが、あまりにも疲れが大きいので師範に手続きのお願いだけをして帰宅させていただいた。

最近、ストレスのせいもあって十分な睡眠が取れていない。そのためよく愛用のソファーで転寝をしてしまうのだが、これが却って浅い睡眠で深夜に目覚めて、その後深い眠りにつけずに朝を迎える事になっており、悪循環を繰り返している。合気道の稽古も出来ずにいるので身体的な疲れが無く精神的な疲ればかりが先行している事も悪い結果に繋がっている。

仕事のほうも新しい部門を自ら立ち上げて、その部門の長に任命され、大きな仕事のスタートを切ったまでは順風満帆だったのだが、人生の波とは面白いもので、今は母の発病、自身の十二指腸球部腫瘍の可能性、仕事の苦境と悪い事が重なってきている。「運命の壷」の大きさは誰しも同じなので良い事があればその反動で悪い事があり、悪い事があってもその反動で必ず良い時期が来るそうだ。ここはじっと耐えて万全を尽くして好機到来を待つしかないようだ。振り続ける雨は無いのである。いつかは晴れるのでそのための準備が必要だ。

悪い時は次のチャンス到来の時に発揮する能力を磨いておく機会でもある。仕事の上では、今の悪い局面を招いた自分の能力の不足した部分を反省して、その部分の補強策と今後の能力アップ策を対策として十分に行わなくてはならない。何が不足していたのかは自分の事なので自覚はしている。謙虚になって反省しなければならない。不足部分を補う手も打ったので後は自分を磨くことである。

自分の健康は自分で何とかするしかない。先ずは検診で今の状況をしっかりとつかまなければならない。胃カメラを飲む必要があるが、忙しい中何とか時間を見つけて早期に検査を済ませたい。

母の件は神に祈るしか手がないか・・・・
そう言った意味でも母には是非、もう一踏ん張りしていただきたいのだが・・・

· Categories: 未分類

本日は、合気道至誠館市役所道場の稽古日でしたが稽古に参れませんでした。
昨日入門くださった、十五番弟子T浜さんは無事出稽古に参加できたのでしょうか?

本日は、面会時間ぎりぎりまで職場に居残り会議をしておりました。たった十五分ですが母の看病に参りました。
ちょうど吸入器をしているところでしたが、話しかけても目は開いているのですが虚ろで反応がありません。

一昨日の笑顔や会話が嘘のようです。吸入の後、痰の除去を看護師さんにして頂いておりましたが、非常に苦手なようで、前回この処置を見た時と同じく、鼻からチューブを入れられて吸引されたとたんに動くほうの右手で止めさせようと看護師さんの手を払いのけ様とします。

この様な動きでも反応があったことをうれしく思ってしまいます。医療処置が怖くて仕方がない母にとっては、かわいそうで見ていられませんが、無反応になるよりましです。

本当に一進一退で目が離せません。ただ、血液中の酸素飽和度が非常に良くなったようで、次男の言っていた通り、酸素のチューブが昨日から外れたようです。栄養チューブも外れれば良いのですが・・・・

見舞いと共にはずした母の右手のミトンをまたはめて、チューブを抜かないようにしてから、たった15分の見舞いを終えました。帰るよと声をかけても一昨日のように手を振ってくれることは無く無反応です。至誠館の稽古には間に合う時間でしたが、やはり気持ちがその気に成れません・・・・

一日も早く回復に向かうように・・・一緒に見舞いに来た家内に道場ではなく自宅に向かうように言って、自家用車で帰宅しました。仕事のほうも大変負荷が高くなっており公私共々、日々本当に疲れます。何とか疲れとストレスを癒す様にしなければ・・・・いつもの自分を見失わないようにしたいと思います。

· Categories: 未分類

本日は、合気道眞武館島本道場での稽古指導日であった。

本日は男女各一名の方々の入門があった。十五番弟子となられるT浜さんと十六番弟子T田さんである。

十五番弟子T浜さんは大学の後輩で学部も同じとの事、やはり介護関係のお仕事だそうだ。十六番弟子のN田さんは、十数年前(財)大阪合気会の京都武道センター道場に入門されたものの、道着を購入しただけで殆ど稽古もしないままになっておられ、ご主人の転勤で関東に移られ、そこでお子様に合気道をさせておられたとの事。転勤で戻られたのを機会に入門いただけた。昨日の文化祭もお子さんを連れられて見学いただいた。お子さんは島本町体育協会のスポーツ少年団合気道に入られたそうだ。

今日は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、六番弟子H本君、七番弟子T尾さん、八番弟子M井さん、十一番弟子U城さんが稽古に参加され、総勢10名での稽古となった。

初心者の方も多いので、体の転換の稽古を時間をかけてじっくり行った。最初に体の転換の稽古を必ずする意義についても解説させて頂いた。

体の転換を最初に行うのは「入り身転換術」が合気道の奥義であり最も大事な理合いを含んでいるからであり、体の転換の動作を稽古の最初に思い起こし、続く稽古に生かす事が大切であるが、一方で、合気道の本来の目的「正勝吾勝勝速日」の体現、つまり、争わないで相手と結ぶ精神を思い起こす事も大切な要素である。

体の転換に続いて、眞武館で大切にしている相半身交差持ち一教押え込みについても詳細な説明と気の養生について説明し、「ゆっくり、まるく、おおきく」を実践して頂いた。大きな気の流れを作り、自分の中に大きな気を頂き、また吐き出す呼吸力を養生して稽古が終わった時には全てのストレスを吐き出して気持ちよく道場を出て頂く。そのような稽古を心がけて頂きたいと説明した。

今日は、そのほか、六番弟子H本君の四級昇級、十一番弟子U城さんの五級昇級、七番弟子T尾さんの初段昇段審査実施を宣言させて頂いた。いよいよ眞武館から初の黒帯がでる。

稽古の合間に、昨日の文化祭のビデオをみていただき、ウェッブサイトで公開している旨をお伝えした。

今日は、母の見舞いにいけなかったが、昨日文化祭の後で看護に参った際は結構話もしてくれ、私の話に笑ってもくれた。母が噴出して感情あらわに笑うところを見たのは実は5年ぶり位になる。今回の大規模な脳梗塞の治療で左半身は麻痺したものの前よりも感情面の状況は良くなったのではないかと思われる。

ここ数年は、会話は出来ても全く感情が表情に表れなかった。母の笑顔を見て非常にうれしく思った。

このまま快方に向かってくれればよいのだが・・・

今日見舞いに行ってくれた妹と姪っ子たちには、全く話をせず身振りだけの意思表示だったそうだが、その少し前に訪れた次男にはいろいろと話をしたそうだ。良い時と悪い時の落差が激しいようだ。まだまだ、気が抜けない。

新しい入門者を迎え、有段者も輩出できる。ますます頑張らねばならない。仕事のほうも大事な局面を迎えている。

今日、社内健康診断の結果、診療室から呼び出しがあり十二指腸球部に腫瘍の疑いがあるそうだ。29歳頃からこの部分が傷み、色々検査したが他の部分の不具合ばかり見つかってこの部分への不具合は始めて見つかった。今も四六時中この部分が張ったような痛みがあり、指で押すと場所も特定ができるのはもう24年ほどの間ずっとである。家内には若い頃から私が死ぬ時はこの部分の障害に間違いないと言って来たので、いよいよかとも思う。

胃カメラ検査をしなければならないようだが、当面忙しく、合間を縫っての検査日予約となる。なんでもなければよいのだが・・・会社の看護師さんによれば、これまで兆候もなく、血液検査等も万全なのでバリュウムが固まって写っていただけと言う事も有りうるそうだ。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=450時間/189日)