次男の結婚式(20140525)

20140525次男結婚式昨日は、前回報告の通り次男の結婚式でした。

午前11時より難波のスイスホテルで執り行われました。

いつもより早い、朝4時起きで準備を始めましたが、何だかんだと時間が経ってしまって、タクシーを呼んでいた6時半ぴったりに準備が完了しました。

深夜零時過ぎに仕事を終えて東舞鶴より帰省して来た次男と新婦も5時起床で準備を始めておりました。

家内の着付け開始が8時に予約を入れていたのでそれに合わせての早朝の出発でした。

親族は10時に親族控え室集合でしたので8時前にホテルに入ったわれわれはかなりの時間待ちとなりました。

8時過ぎに家内と新婦が準備に入りましたので私も男性更衣室でいつもの紋付袴に着替えました。慣れたもので家内のように着付けの先生の手伝い等していただいたことはありません。全て自分で着付けます。

時間に余裕がありすぎるほどあったので入念に紋付袴の着付けに時間をかけました。

途中、嫁の父君がモーニングに着替えに参られましたのでその場でご挨拶いたしました。

着替え後、待ち合わせのロビーに参りますと長男夫婦が孫の日奈乃をつれて来てくれておりました。

孫と遊びながら時間つぶしをして、妹や姪っ子も現われ、それぞれの親族の挨拶も済ませて10時に親族控え室に入りました。

その後、親族の顔合わせをいたし、チャペルの式場に参りました。

次男は結構緊張していたようですが、長男のように手足を一緒に、まるでナンバ歩きのようなロボット歩きは致しておりませんでした。(^O^)b

人前結婚と言う事で宣誓書を読み上げて披露宴とうつります。

次男の幼友達の方々もたくさんお出でいただいていたのですが、我が家で遊んでいた頃と姿かたちが変わっているので私には数名の方しか判別がつきませんでした。さすがに家内は多くの幼友達から挨拶を受けていました。

何名かは古曽部の市民合気道教室に稽古に来られた事のある方々もおられ、また、次男が高槻松阪屋道場で少年部合気道を致していた頃に一緒に稽古していた方が、次男と偶然同じ会社に入社して再会しておられ、少年部の見学や演武大会の付き添いで皆さんを引率していた私を覚えていて下さっておられ、本当に世の中は狭いものだと感じ入りました。

華やかな祝宴の最後に次男の挨拶に先駆けて親族代表で挨拶をさせて頂きましたが、いつものようにアドリブでその場での挨拶をいたしました。

次男が両親への言葉の中で我が家のような家族を大切にする家庭にしたいと言ってくれ、その家族を大切にする事を私から学んだとビデオのクリップの中にも記されていたので、私がドレスショップを経営して働く姿を幼い頃から見てきた父母を世の中で一番尊敬しており、その様な親になりたいと子供たちに背中を見せるつもりで育ててきた事、その成果がこの日の次男の言葉で報われた事、そして私より私の教えを忠実に守って弟を大切に導いてきた長男に感謝しなくてはならないことを話しました。

私が父を見習ってやってきた事を今度は次男や長男がバトンタッチして次の世代にリレーしていく事が大切だとし、また、次男を一番愛した母(次男の祖母)がこの日参列できなかった事が一番残念な事だとして挨拶を結ばせていただきました。

多くのご参加の皆様、お忙しい中を次男の為に祝宴に駆けつけていただきありがとうございました。また、お祝いのお言葉をネットその他で賜りました多くの皆様にも感謝いたしております。

次男は本日ハワイでの新婚旅行に向けて旅立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。