合宿をおえて(20140519)

 

20140518小豆島寒霞渓

昨日の小豆島合宿最終日は5時半起床で6時にはまや旅館を出て愛車BMW K1600GTLで小豆島スカイラインより銚子渓、四望頂展望台、寒霞渓、福田港のコースを堪能しました。

その後、恵門の不動を拝観に山登りをされた一行の帰りを待って、いつもの朝食、8時半には道場で一人朝稽古に参られる方をお待ちしました。

朝稽古には六番弟子T尾さん、十番弟子M田さん、至誠館からはM田さん,K本さんのいつものメンバーが早々にお集まりいただけました。

折角朝早くにお集まりいただきましたので、先ずは網代歩きと重心移動について稽古頂きました。

つづけて、小手返しを最後の小手の握り以外はあえて握らない結びだけで行う正面突き外転換小手返しの鍛錬を行いました。

その後、前日の門川師範のお教えの復習として相半身交差持ち一教を出来るだけ速いスピードで行う鍛錬を致しました。

これ以降はすべて出来る限りスピードを上げて限界に挑んでいただきました。

続いて正面打ち入り身投げ、正面突き側転入り身投げとつづけ、汗びっしょりになり、途中ビギナーのK本さんは疲れて休まれる状況の中、徐々に人数も増えながら朝一番の激しい稽古をたのしみました。

そして定刻の10時前に集合写真を撮って、本日の本来の朝稽古が始まりました。

この日は最初の受けだけを私がとらせていただき、至誠館のINI君が二級昇級のお祝いとして受けを取られました。

色々と門川師範よりINI君への指摘がありましたが、次回古曽部では大反省会となりそうです・・・・

20160518小豆島合気道合宿集合写真

その後、はまや旅館の浴場で汗を流し、名物カレーを三杯もお変わりして、皆さんより一足早くバイクで宿を発ち、もう一走り小豆島を堪能してから一旦旅館に戻り、皆さんの乗る二台のマイクロバスの先導をさせて頂きました。と言っても皆さんから私は直ぐに見えなくなったでしょうが・・・・

今回は30名を越す参加者だったのでマイクロバスも二台です。

大部港から日生までフェリーで揺られ、日生港からは電車で帰られる皆さんと別れ山陽道と中国道をひた走って二時間半で、5時半には自宅に戻りました。

そこから必要品をもって先だって報告のある買い物の正式契約に再度バイクを走らせ、吹田市の会社に向かいました。

買い物は大成功でした。また、ものを入手した際にご報告いたします。

自宅でバイクを掃除して家内の帰りを待って夕食を食べて10時には就寝しました。

まだ、身体に疲れが残りますが、それも心地よく、今日の仕事も頑張って、夕方の合気道「眞武館」島本道場での稽古に臨みます。

2014年の本日までの稽古時間/稽古日数=177時間/62日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。