集団感染(20140126)

昨日は毎週土曜日恒例の高槻市合気道連盟主催高槻市民公開合気道教室の6時間に及ぶ稽古日でした。

朝9時過ぎに愛車BMW K1600GTLに颯爽とまたがって真冬の冷たい朝の空気を切り裂くように高槻市立芝生総合スポーツセンターに向かいました。

門川師範のご指導の下、両手取りからの展開技の稽古を致しました。

この日の稽古に集まった方々とお話して判明した事は、先般私が罹患したインフルエンザは集団感染だったということです。

先般「夜の幹部会(20140121)」と言う表題の記事の中で書きましたように、先だってのインフルエンザは至誠館のT口師範も私と同時期に40度の熱を出されていたという事でしたが、この公益財団法人大阪合気会鏡開きの二次会のカラオケ大会に参加した私を含む至誠館関係者5名全員が翌週の火曜日から高熱を発してインフルエンザにかかっておりました。

カラオケ大会には眞武館からは私だけの参加でしたのでカラオケ大会に参加しなかった鏡開き参加者は眞武館も至誠館も無事だったようで、唯一至誠館のW邊さんがカラオケ不参加者で発症したとの事です。

カラオケ大会は奈良と神戸からも参加されておられ、合計19名の参加でした。そのうち至誠館、眞武館で5名が罹患した訳ですから他の方も多分・・・・

合気道教室稽古始と鏡開き」と言う記事に掲載したカラオケルームのパノラマ写真を見ると至誠館、眞武館門下生はバランスよくばらばらに他の参加者の皆さんの間に座っておりますので・・・・間違いなく他の道場の方々も・・・多分集団感染だったに違いありません。

皆さん、大丈夫でしたでしょうか?

さて、午後の高槻市立古曽部防災スポーツ公園体育館での市民公開教室ですが、ソフトマットの敷設でうっかり144枚全部を敷き詰めてしまいました。

ところがこの日はいつもより多くの方が参加くださりちょうど良かったようです。

参加者は、四番弟子H本くん、至誠館からK藤さん、T居さん、M田君、S木(かおり)さん、M崎さんとこの日体験稽古のA野さんでした。

稽古内容は体験稽古のA野さんに合わせて武器技の取り扱いや稽古方法の基本や考え方を細かく説明しながら時間を掛けてゆっくりと行いました。

武器技の理合での徒手技に発展させて受身の稽古をかねながらの稽古と致しましたが、初めての稽古で4時間もの稽古にA野さんはしっかり付いて来ていただけました。非常に感心させられました。

稽古後に来週から稽古参加されるとのお話を頂きましたのでうれしく思いましたが、多分本日体中が悲鳴を上げられておられるのではないかと心配致しております。十分お風呂で体をほぐされるようにお願いしましたのですが、大丈夫でしょうか?

新初段となられる九番弟子M野さんへの昇段祝いとしてお渡しする黒帯もこの日準備できました。2月には四番弟子H本君も昇段試験です。

今年も楽しく合気道の稽古を開始できました、今年一年、インフルエンザで厄落としも終わりましたので門下生の皆さんと合気道を楽しんで行きたいと思います。

2014年の本日までの稽古時間/稽古日数=28時間/11日)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。