傍若無人(20131128)

昨日の産経新聞の朝刊の「産経抄」に「傍若無人」とは日本では、他人の迷惑を顧みない勝手な振る舞いに対し使われる。ところが中国ではもともと、他人に遠慮せずに感情を表すというほどの意味だという。」と言う話題が掲載されていました。

全く仰るとおりで、最近の中国は何を目指しているのでしょうか?

ただの喧嘩腰外交であれば良いのですが、この様な事をして何事も無く我が意を全うする事が出来ると考えているのでしょうか?

中国四千年の知恵はどこに行ったのでしょうか?

第三国で他国の悪口/陰口を言って憚らない様な隣国とか、近隣諸国は最近おかしなナショナリズムが台頭しているとしか思えません。国家対国家として相互に相手を尊重する態度は最低限の礼儀だと考えるのですがいかがでしょうか?

先だって「上品」とか「品格」についてこの武ログに記載させて頂きましたが、我が国は弱腰外交をする必要は無いですが、他国のような下品な品格の無い外交はせず、堂々と主張を上品に発信して欲しいと思います。

我が国は近年、たびたび大きな災害に見舞われていますが、国民の品格はこの様な窮地に現れます。この様な被災地での国民の皆さんの大和魂の品格の高さは世界に認めていただけているところです。

象徴天皇としてこの品格の高さのシンボルとして今上天皇を初めとする皇族の方々は常に我が国民に上品なお振る舞いの手本を示されておられます。

国家を挙げて上品な対応で近隣諸国の下品な振る舞いを正して行きたいと思います。

声を荒げて、大声で主張すればまかり通る様な下品な世界に住みたくはありません。美しい日本を目指そうではありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。