英文メール(20130718)

最近、仕事で英文メールをしたためる機会が増えている。

リスニングやリーディングもなかなか難しいのだがなんとかなると思っている。スピーキングも身振り手振りを加えて一生懸命話せば何とかなりそうである。

しかし、英文を書くのはなかなかの難関である。

文字は後に残るのでごまかしが効かない。

会社では翻訳のアウトソーシングもされており、英文メールも単なる機械翻訳ではなくリアルタイムで翻訳を行ってくださるサービスとも契約がされた。

ただ、今のところあまり使いたくない、これに頼ってしまうと英語の記述能力をあげることが出来なくなりそうだからである。ただ、仕事は効率が最優先でもある。急ぐ仕事や、多忙な時は翻訳を使わざるを得ないのであろう。

そのような葛藤と戦いながら昨日も英文メールを一生懸命作成した。

相手のアメリカ人スタッフが寛容な方である事が唯一の救いである。

一刻も早くストレスを感じずに英文メールをしたためられるようになりたいと切に感じる今日この頃である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。