今年二度目の気管支炎(20120813)

風邪を引いても一日二日で直り、風邪自体もそんなにひく方じゃなかったのですが、今年はもう幾度か風邪を引き、4月には 気管支炎 をこじらせて一週間寝込みました。

今回も、先週の木曜日から今年二度目の 気管支炎 を患い、本日まで寝込んでおりました。昨日やっと体温が平熱まで下がりましたが、土曜日までは38.4度前後の熱が下がらず、咳止めの強い薬を頂いたのでほぼ終日寝ている状態でした。

気管支炎 は小学校以来なったことが無いはずですが、今年はもう二度も非常に激しいものにかかって仕事も休んでおります。今回は先々週の金曜日くらいに喉がくすぐったい様な感触で軽い咳が出始め、月曜には一旦直ったように思ったのですが火曜の夕方からまた軽い咳がぶり返し、水曜日は朝から咳き込み始めると止まらず息が出来なくなるような咳が何度か出るようになり、その頻度と程度が夜に成るにつれて激しくなって、まるで喘息のような激しい咳で眠れませんでした。

何度か息が出来ず、肺の奥から痰が出るような苦しみで喉だけではなく胸や肺も痛く、吐血でもするのかとまで思うほどでした。熱は夜に入って38度を越えました。

木曜日は社を休んで朝からかかりつけのお医者様を尋ね 気管支炎 であると言うことで処方箋をいただきました。薬局では非常にきつい薬が出ていますとの事で、その言葉の通り食後に薬を飲むと、薬の効きの為か、激しい咳がでて痰を何度もティッシュに出して、咳がおさまるとすぐに咳き込んだ疲れと共に寝付いてしまいました。

結局、木金と二日会社をお休みしましたが土曜日からは19日まで夏期休暇です。大事な休暇前の仕事が全く出来ず、部下の課長に全てを任せることになり、非常に申し訳ないのと仕事の行方が気になりましたが如何とも出来ません。職場の皆にご迷惑をおかけいたしました。

合気道のほうも木曜は幸い一週間で稽古の無い唯一の曜日でしたが、金曜のふれあいセンター道場をキャンセルして門下生の皆さんにお詫びの連絡をし、土曜の合気道教室もお休みさせていただく旨を門川師範に連絡いたしました。今回は日曜日も稽古の無い日でした。

日曜の昼前まで38.4度前後の熱が下がらなかったのですが、昼食時にはいきなり平熱まで下がりました。ただ、咳と痰がなかなかとれず、逆に薬が効いて痰を出す為に咳き込んでいるのかとも思われました。今現在もまだ痰が取れ切れていませんが、熱は無く咳も痰が絡まない限りでません。薬は今日のお昼で切れますが、朝も薬を飲んだ後、先ほどまでぐっすり寝込んでしまいました。よっぽど眠気を誘う催眠作用の強いお薬のようです。

4日間、この様な薬のおかげでほぼ日がな一日寝ておりましたので慢性化した寝不足は完全に改善され、頭はすっきし、気管支炎も治り、風邪の症状もなくなりましたが、立ちくらみがいたします。

本日の島本道場での稽古指導には参る所存ですが、それまでに体力を取り戻さなければなりません。

今までかからなかった 気管支炎 に一年で二度もかかる様では寄る年波としか言いようが無いのでしょうか?二度の 気管支炎 で前回の4日とあわせて6日有給休暇を消化してしまいました。今回は夏期休暇も3日潰しております。

ほぼ毎日合気道をして体力に自信が有っただけに少しショックです。生活習慣をもう一度見直してみます。何よりソファーでのうたた寝が・・・・。うたた寝が趣味でもあるのですが、改める必要がありそうです。いつも家内や二番弟子S木さんには注意されてはいるのですが・・・今回のお薬以上に我が家のソファーの催眠作用が・・・・(^^;

水曜日の稽古をカウントしておりませんのでここにカウントを記録しておきます。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=300時間/125日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。