永らく臥せっておりました。

月曜日の午後休暇をとってから本日まで風邪で臥せっておりました。

病院の検査でインフルエンザは陰性だったのですが、頂いたお薬が解熱剤を含んで全く効かず、38度弱から39度の熱が下がらず、喉が腫れて喘息のような咳を我慢するのに全身が疲れるほどでした。一旦咳がで出すと呼吸が困難となり大変な思いをしました。

昨日は、気管支炎になったのではと病院に行こうとしたのですが、熱と倦怠感で身体がふらつき自家用車の運転も出来そうにないので結局いけず、腰、とくに腎臓の辺りが激しく痛み、胸と喉も咳のために痛み、場合によっては救急車のご厄介にならねばならないかもとの思いもよぎりました。万が悪い事に、この春から妻が転勤になり次男も今週から新入社員として勤めに出て家人が一人も居ない状態なので苦労しました。

今朝も朝5時の時点では37.7度の熱がありましたが、咳も収まり体調が少しよくなったので9時に病院に行こうともう一眠りしたところやっと解熱剤が効いたのか布団の中で大汗をかいて下着までびしょ濡れになり10時頃までぐっすり寝込んでしまって目覚めました。

大汗のおかげで体温は平熱になり、嘘のように喉の痛みも消え、昼には腎臓の腫れが引いたのか、腰の痛みも無くなっていました。こんなにひどい風邪はこれまでの人生の中でもあまり経験していません。

まだ少し痰が絡みますがやっと全快に向かっているようです。

ご心配を頂いた方から連絡を頂いたり致しましたが、職場や合気道関係者の方々にもご心配をおかけし、またご迷惑もおかけいたしました。鍛えているつもりでしたがまだまだ修行が足りないようです。

業務連絡:4月7日(土)午前中の芝生体育館での合気道教室はお休みです。午後からの古曽部での教室は予定通り開催されます。お間違えの無い様願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。