島本町文化祭舞台発表本番

本日は、朝9時集合で島本町立ふれあいセンター内のケリアホールに参りました。

早速、演目一番の島本高校ブラスバンド部の皆さんの準備について打ち合わせを行い、続く詩吟連盟さんの演目のための金屏風のセッティングについても打ち合わせを行ないました。

9時半には七番弟子T尾さんが来られ、続いて六番弟子H本君、十番弟子M岡君、一番弟子K籐君と集まってくれました。協力員支援の段取りをし、ブラスバンドのパイプ椅子の片付けについて下見をし終わった頃に約束通りの時間に二番弟子S木さんが来られました。協力員支援は男性門下生だけにお願いしておりました。

先日体験稽古をしていただいたN田さんもお子さん連れでおいでいただきました。誠にありがとうございます。

また、至誠館の鉄人T居さんや眞武館に稽古にきていただいている至誠館S木さんも見学にお出でいただきました。遠路を雨で足元の悪い中をありがとうございました。

眞武館は11時40分からの予定でしたが、ブラスバンドが10分近く早く終わり、詩吟も5分速く終わりましたので続く銭太鼓の方々にインタビューをすることで時間調整を行ないました。

それでも眞武館の出番は10分近く早くなりました。また、出演前の舞台準備での道場旗の取り扱いについて連絡齟齬があり、すこし情報が錯綜したりもしましたが、最終的に準備会議での話の通りとなり旨く出番を迎えることができました。

内容については、映像をアップいたしましたのでご覧ください。即興で話を考えたにしては、結構旨くまとまりました。門下生の皆さんも、シナリオ・ストーリーがほとんど無い中での出演で緊張されたでしょう。本当に申し訳ありません。

言い訳の様ですが、普段研鑽をしていれば準備が無くとも本番でできなくてはなりません。それが武道であり、私の師匠、門川師範からの教えでもあります。

そのような中で、門川流の教えの通り、旨く行なえたと思えます。まずはご覧ください。

[videopop vid=”1320577189″ vtitle=”平成23年度島本町文化祭合気道説明演武”]平成23年度島本町文化祭合気道説明演武[/videopop]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。