主治医の話

本日は、お昼休みまで仕事をして、中途外出で母の主治医の説明を聞きに病院に参りました。
JR高槻駅前の吉野家で牛丼を食して昼食としたのですが、病院に早く到着し過ぎたので病院の前にあるマクドナルドで時間を潰しました。マクドナルドはソフトバンクのモバイルポイントになっているのでiPhoneでネットサーフィンをして時間を潰して約束時間の15分前に病院に参りました。

主治医のお話では、今回の脳梗塞は一応安定した様でこれ以上はすぐには酷くは成らないとの事。

ただ、今回脳梗塞が起こった部分は脳幹の重要な部分であり、MRIの画像からの判断では、今の母の様に意識があり、しゃべれるのは奇跡に近く、医者としては不思議な状況であるとの事でした。

脳幹の右側が大きく脳梗塞を起こしたので左半身は完全に不随となったとの事。食事の能力は今後回復しない可能性が強く流動食を入れる栄養管は長期に外せない事。そのため、通常は三ヶ月ほど鼻から管を入れてそれからどうするかを判断するが、80歳と言う高齢である事と、脳梗塞の治療が不可能である事から直ぐにお腹から直接胃に管を入れる手術をした方が本人も楽に成るとの事でした。

鼻からの栄養管は、どうしても喋りづらい事と、鼻腔が管で塞がるので口で息をする事から、これからの季節は風邪の菌などに喉が感染する可能性も高くなると言うのも理由の一つでした。

母に、栄養管が入っていても喋りづらいけど話は出来るそうだと、主治医から聞いたばかりの説明をすると、二日間喋らなかった母が喋りだしたのには驚かされました。怖がりの母は、喉の違和感で喋れないものだと信じきっていた様です。

栄養管装着手術の話にはものすごく反応して、やめて欲しいと身振り手振りも加えて訴えていたが、簡単な局部麻酔の手術である事や前述の理由を説明して納得してもらった。

母がこのような重症の脳梗塞の中、これ程状況把握をして意思表示が出来る事は、先の主治医の先生の話だと驚くべき事の様だ。不規則に眠ったり、意識が混濁するのも脳幹の前部にある意識をつかさどる部分への血流が良くなったり悪くなったりしている事を示していると言う事で説明がつくそうである。

この先は、症状が落ち着いたところで特老に帰れるかどうかが心配なところなのでこの点も確認したが、栄養チューブは医療行為を伴うので特老によって対応が出来るかどうかが異なるとの事で、診療所併設の母の特老は、受け入れてくれる可能性が高いとの事であった。いずれにしても確認する必要がある。特老がだめな場合は、病院に長期入院することになるそうで、これも受け入れ先を探す必要があるとの事。まだまだ、乗り越えなくてはならない障害があるようだ。

母に、主治医の説明を簡単に伝え、この日の午前中に抜かれた奥歯が痛まないか確認して、一度会社に戻り、夕方6時からまた看護に訪れた。夕方には、二男が尋ねてきており、入れ替わりに帰宅させ、主治医の話をもう一度時間をかけて話した。抜かれた歯の痕は痛まなくなったとの事だが、全身をマッサージしてあげると安心して寝入った。

そこに家内が迎えに来てくれたので、面会時間も終了するので帰宅する事にした。
会社の仕事の方も、正念場を迎えており、精神的にかなり負担がかかっているが、ここで負けるわけにはいかない。合気道のほうも、文化祭での説明演武が終わるまでは責任がある。

仕事、合気道、母とずっしりと両肩に乗ってきているが、ここが本領の発揮のしどころと、どれにも一歩も引かずに頑張りぬきたい。天国の父もきっと見守ってくれていると思う。父の形見の紋付羽織を羽織って演武も頑張りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。