眞武館島本道場(2011.08.22)

本日は、合気道眞武館島本道場の稽古日でした。

参加者は、一番弟子K藤君、二番弟子S木さん、四番弟子TJさん、七番弟子T尾さん、十番弟子M岡君、十三番弟子U道さん、関大合気道サークルN山さんでした。

本日も体の転換の基礎動作から時間を掛けて型作りを入念に行いました。入り身転換術としての体の転換は、最初に習う合気道の基本であり、奥義でもあるためその約束稽古としての理合いと共にきっちりと身に付けて頂かなくてはなりません。

続けて相半身横面打ちに対して、内転換により相手の気を自己の入り身転換による円転する気と気合わせ、気結びして受けを十分に導き、動かし、腰を反転して相手を大きく崩す稽古を致しました。

ここから小手返し、回転投げ、入り身投げ等に技を展開していくのですが、本日は四方投げに気を導く技法を稽古しました。相手を引っ張るのではなく、横面打ちに来る受けの気の流れを上手く導き、相手の反射によって大きく受けが動かされる醍醐味を体現いただきました。

簡単にこの様な技法が出来る方と出来ない方が居られますが、何事も目標を持って色々と工夫いただくことも大切です。手本を示して後は上手く出来るように導くコーチングしか出来ません。体得するのは門下生の皆さん自身ですから。

皆さんが自分なりに工夫をこらされ、悩まれておられるのが手に取るように分かります。私自身も悩みながら合気道の道を歩く一人であるのですから。皆さんの悩み解決の一助となれば幸甚です。

さて、昨日見つけたソフトマットについて門下生の皆さんにお話し、水曜日に稽古日を移したいというお話をしましたところ、全員水曜日の都合は大丈夫との事でしたのでなるべく早い段階で水曜日の稽古日を設定したいと思います。

来週は二番弟子S木さんの二級審査、M岡君の五級審査です。再来週にTJさんも五級審査を行うことになりました。皆さん頑張ってください。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=322時間/149日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。