世の中は狭い

本日は、合気道至誠館市役所道場での稽古日でした。

昨夜、関大総合情報学部(高槻キャンパス)の四年生の方から体験稽古希望の連絡を頂き、本日お出でいただいたのですが、お住まいの場所等をお聞きいたしておりますと、以前の私の自宅のご近所。学校区が同じと言うことが分かり、大学の四年生と言うことで、私の二男と同級生と言うことが分かりました。

帰宅して二男に聞きますと小学校から中学まで同じ学校で、特に小学生の時は仲良くさせていただいていたとの事。

このブログを見て頂いている皆さんは既にご存知かと思われますが、眞武館を始めてからこの様なことが頻繁に起こっております。本当に世間は狭いものです。会社でも、横浜の地に赴任していた新入社員の頃に住んでいた大きな公団住宅の同じ団地内に実家がある部下がおり、どうやら新入社員の私と中学生の彼の生活領域が似ており、同じ床屋で髪を切り、同じ食堂で外食をしていたようです。ひょっとして同じ床屋の隣の席に座っていたかもしれません。

今日はニューヨーカーのサイモンとも色々会話させて頂きました。将来日本人は純粋な日本人は居なくなり、混血ばかりになるとの事でした。アメリカでも純粋なアフリカ系アメリカ人は見たことが無いそうです。

今は勤務する私学の高校が夏休み中で生徒が居ないにもかかわらず、毎日出勤しなくてはならず、日本人の先生方は四六時中ミーティングを行っているのに、サイモンはすることも無く8時間座っているばかりで大変なのだそうです。運動不足ですぐに太るので合気道の稽古は欠かせないとの事です。健康維持に役立っているのであればうれしい限りです。

今日も七番弟子のT尾さんが出稽古に来てくれていました。彼も健康が回復して何よりです。眞武館の「剣化剣光を放て」と言う教えは、漢字を変えれば「剣化健康を放て」に通じます。「剣化剣光」を放つ為にも健康に十分注意していきたいと思います。

(2011年の本日までの稽古時間/稽古日数=296時間/141日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。