合気道の無い日

本日は、合気道眞武館の日立金属道場の稽古がなくなって以来、合気道の稽古が全く無い木曜日であった。

最近は、合気道以外では18歳の頃に放映され人気があった花登筐の作品ドラマ「あかんたれ」やNHK連続テレビ小説「おひさま」を録画して毎日帰宅後に夕食を食しながら見ることが楽しみである。

この録画をしている42インチのプラズマテレビは日立製のWOOOである。日立製作所がこのプラズマテレビや液晶テレビのテレビメーカーから撤退するそうである。日本の宝といえそうな多くの特許技術をもつWOOOの製造ノウハウを外国メーカーに譲渡するとの事。ものづくり日本の坐がこうして外国に座を譲っていくことになるのかと寂しい思いである。

そういう風に思っていた矢先に、今朝三菱重工と日立の経営統合が日経新聞にスクープされた。三菱重工と密接な関係にある私の会社は朝から大騒ぎであった。日立も重工も午前中には適時開示で今回のスクープを否定し、朝日新聞系は経営統合が白紙に戻されたと発表するも日経新聞は統合スキームの見直しと譲らない。

下手をすると日経新聞の株価操作かとも思える・・・・新聞社のWeb記事によると、日立の経営統合構想と、重工の事業毎の事業統合構想のすれ違いとの報道もあった。

その日経新聞社によると我が社の株価も昨日の決算修正記事とあいまって一時は東証一部上場企業第二位の株価上昇、最終的には本日5位の上昇を見た。

合気道の稽古の無い日であったが、なかなか活気のある一日となった。

ひょっとして経営統合してくれたら、また日立金属さんのトレーニングルームが使えたかもと、よこしまな考えもよぎったのは内緒である。(^o^)b\(- -;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。