合気道:芝生体育館市民公開合気道教室

本日は、高槻市立芝生体育館での高槻市民公開合気道教室の日でした。

門川師範のご都合で、本日は10時からの一般稽古も9時からの合気杖教室に続き私が指導させて頂く事になりました。

朝一番の合気杖の教室ではゴールデンウィーク中にもかかわらず、参加人数は6名と結構な参加人数であり、10時からの一般稽古にも大勢の方においでいただきました。

合気杖はいつもの通り260本の素振りと三十一式型杖に続き、先週のサバイバル稽古で門川師範からご指導いただいた入り身転換術を中心とした理合いで杖による正面突きに対する側転入り身投げを履修しました。

10時からの一般稽古でもサバイバル稽古での門川師範のご指導の内容を再度私なりに解説し、気の流れを重視した、腹部や顔面への正面突き、あるいは正面打ちに対処できる型稽古としての体の転換の稽古を行い、続いて、実際に受けの正面突き、正面打ちに対する体の転換を稽古しました。続いてこの体の転換の応用わざとして正面打ちへの体の転換による腕押さえと同入り身投げ、横面打ちに気結びしての小手返し、最後に座技呼吸法を行い稽古を終えました。

最後の座技呼吸法では、ぶつかった状態で頑張るのではなく、動けるところを動かしてぶつからない動きで軽く受けを制する稽古としました。

久しぶりに常連七番弟子T尾さんが稽古に出てこられましたが、考えておりましたより体調はかなり深刻な状況だったとの事で一般稽古の指導で最初は受けを取っていただいていたのですが、まだ、体調が心配との事だったので一番弟子K藤君に代わっていただきました。

眞武館にとって非常に貴重な人材でもあり心配ですが、無理をせず永く合気道を楽しめるよう一緒に頑張って行きたいと思います。

(2011年本日までの稽古時間/稽古日数=208時間/80日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。