古曽部防災公園体育館稽古

今日は、高槻市シティー・ハーフマラソンの準備のため、会場となる芝生体育館での午前中の市民合気道教室はお休みであった。

午後からの古曽部防災公園体育館での教室はハーフマラソンとは関係無いために無事開催された。

参加は、私のほかに、七番弟子T尾さん、至誠館T居さん、O本君、同志社大コーチN村さん、先日鏡開きで四段昇段お披露目のあったOKさん、伊賀上野に転勤になり久しぶりの参加の関大元主将のM島君の七名であった。

合気杖の素振り、31の杖型稽古、オリジナル組杖を行い、剣による正眼、八双、脇構えの構えからの素振りを行い、四方切りを行なった後、今日は短刀取りを中心に稽古を行なった。

徒手技中心となる普段の稽古ではあまり行なわれない五教と六教の短刀取りを行った。参加者は二級のT尾さんをのぞき有段者ばかりだが、これらの技の稽古をほとんど行なった事が無いとの事で有る。

実際に短刀を使った稽古は、自前の道場を持たない一般道場ではなかなか行なえない。学生達は合気道部の道場に武具も常備されているので稽古の経験があるようだが、一般門人の方々の武器技稽古は本当に少ないようだ。

そのため、この古曽部では武器技を中心に行なっているのであるが、今日の稽古が良い経験になっていただければ幸甚である。

始めはギクシャクした動きだったものの、さすがに有段者ばかりなのですぐにコツをつかんでいただけたようで稽古を行なった甲斐があった。

最後は短刀取りと同じ動きからの横面打ち四方投げを20分間激しく行なった。

昨日、激しい稽古も久しぶりに行ないたいと書いたが、早速実践してみた。寒い中でもしっかりと汗をかくことが出来た。年末年始で75キロ台まで戻っていた体重も、帰宅後は73キロ台まで落とせることが出来ていた。日も長くなり17時過ぎの帰宅時も明るくなってきた。

古曽部防災公園体育館での稽古を最も楽しんでいるのは私自身かもしれない。

(2011年の稽古時間/稽古日数=27時間/12日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。