高槻市シティー国際ハーフマラソン

本日は毎年恒例となった高槻市シティー国際ハーフマラソンの開催日であった。例年通りハーフマラソンの折り返し点である高槻市立五領中学近くの淀川の堤防上での警備となった。

今日は天候もよく、非常に暖かかったのでランナー達も気持ち良く走破していただけた事と思う。

昨年と引き続き堤防上から急カーブ、急な下り坂手前での警備だったので大声で注意喚起をしながらの警備となった。警備後は声が嗄れたが、転倒者が今年も出ずに一安心である。走行が堤防に駆け上がるルートだった時は、大勢のランナーがカーブで膨らんで転倒者が続出していたのに、転倒者が多くても不思議でない、下りでのカーブでルート変更以来全く転倒者が出ていないのは不思議である。

やはり、ランナーも危険を察知して気をつけてランニングしているからだろう。上り前の平坦なカーブで転倒者が多かったのは、そこの危険が隠れて気付かれにくかったからなのであろうか。今は、カーブに到達する前に急な下りであることも目で見て判るので、ランナー自身が危険を自覚しやすいのかもしれない。

これは、武道者としても考えさせられることである。危険な状況が誰の目にも明らかなときは油断することは無いのだが、大丈夫そうな平穏なときほど注意が必要なのだ。バイクのライディングでも同じことが言える。何時如何なる時も隙を作ってはいけないのである。

業務連: 「稽古日程」のページ2011年度の古曽部防災公園体育館合気道教室の稽古日程を掲載しましたのでご参照ください。

  1. 今日、マラソンを走った者です。あの下り坂の警備をされていたんですね。疲れが出るタイミングでの少し怖いコーナーでしたが、大きな声をかけていただき、気を付けて降りることができました。ありがとうございました!

    • マラソンお疲れ様でした。良いお天気で何よりでした。
      今年は昨年より1000名も多いランナーで8300名を越えており、心配致しておりましたが私がリーダーとして受け持ったあの下り坂での転倒者も無く良かったです。
      第一回からボランティアを致しておりますが来年は20年目ですので、是非来年も走っていただければ幸甚です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。