神使来りて道場は順風満帆

合気道「眞武館」本部道場1 合気道「眞武館」本部道場2 合気道「眞武館」本部道場3久しぶりの投稿となります。合気道「眞武館」本部道場は4月4日の 道場開き以降は後述致します様に 神使来りて道場は順風満帆 と言えるスタートを切りました。5月末現在の新規入門者は順調に増えて5名となり、11年前に合気道「眞武館」道場を開いた当初から比較して相当早いペースで増えております。新門下生の方々は皆非常に熱心で既に道着も買い揃えられました。

合気道「眞武館」道場旗1 合気道「眞武館」道場旗2 合気道「眞武館」玄関ポスト 合気道「眞武館」本部道場開き記念品本部道場はその後、5振りの木剣と5本の杖を格納する刀掛けを二か所に設置したり、女子更衣室に大型ミラースタンドを置き、道場内にも壁掛け型の大型ミラーを南北の壁に設置しました。更衣後の衣服やカバンを保管するボックス箱とそれらを保管するカラーボックス3つも組み立てて設置しました。

また、道場不在時にビル全体の玄関を施錠しているため、玄関内の集合ポストが使えないので、玄関外部すぐ脇に新たに道場専用ポストを設置いたしました。

また、道場開き記念品として画像のキーホルダーを作成し、新規門下生や本部道場稽古においでいただいたビジターの方々にお配りいたしました。コロナで各道場が稽古休み中なので実現しておりませんが、眞武館門下生と古曽部教室生の皆さんはもちろんのこと、本部道場開きのお祝いを頂いた方々への祝い返しと致したいと思っております。

体育館等の公的施設が全て休館となって、眞武館もそれらの施設を利用している(古曽部、島本、ふれあいセンター)の各道場は稽古休みとなっておりますが、持ちビルであるパレスエミ内の自前道場、眞武館本部道場は蔓延防止宣言期間や緊急事態宣言下も小規模施設ですので時短要請があるのみのため、稽古開始と終了時間を普段なら19時から21時のところを18時から20時に一時間シフトして時短要請に対応して稽古を継続しております。

コロナ対策としては網戸のなかった窓に網戸を新設して南北両壁にある四つの窓を全開にして通風すると共にエアコンの空気清浄機能を最大にして対応しております。

また、道場入室時は非接触型の体温計で全員検温を実施頂き、備え付けの消毒液で手先の消毒をおこなって、マスク着用の上で稽古頂いております。

今後も我が道場からクラスターが発生する事の無い様に注意し、門下生の皆さんにもご協力いただきながら稽古を継続して参ります。

閑話休題、実は道場開き直後の4月初めの新聞夕刊の占い欄で「明日天より神の使いが来る」という記事を読んだのですが、その通り翌日に一階駐車場の6か所ある蛍光灯の一番奥の電灯傘の部分に燕が巣を作りました。

現在は雛が生まれて親鳥がせっせと餌を運んで育てております。

フン害には頭を悩ませますが、2016年4月05日の「tenki.jp サイエンス」の記事によると「かつてはツバメは、常世の国(海の向こうにあるこの世ならぬ楽園・穀物の神であるスクナヒコナノカミが渡ったとされる神仙の国)から来た使いであると信じられていました。」とあります。また、「ツバメが巣をかけた店は繁盛する」「家にツバメが巣をかけると金運が上がる」「家にツバメが巣を作った年に子宝に恵まれた」などのラッキーや幸福が舞い込む古くからのジンクスがありますとも書かれておりました。

新聞夕刊の占いと上記の記事は実際に起こった事実と符合が一致します。正に 神使来りて道場は順風満帆 な状況です。

大先生(植芝守平翁)や田中万川師範のお導きにより燕が「神使」として我が合気道「眞武館」本部道場がある「パレスエミ」駐車場に舞い降りて巣を作り子作りに励んでくれたおかげで道場の門下生募集も順調に推移していると理解いたしております。

すごく縁起の良い道場になってくれたようですのでこれまで以上に天の浮橋に立って、世の為に合気道推進を行ってまいりたいと思います。

2021年の稽古日数と稽古時間:62日/182時間

#枚方市 #本部道場 #ツバメ #DIY #門下生募集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。