合気道 睡眠時間(20180221)

短時間睡眠

ここ10年程の間、私は、深夜12時半頃に就寝して、朝の4時50分に起床し5時20分まで朝食をとる生活を習慣としてきました。

たった4時間半の睡眠時間ですが、歳をとったこともあるのか、早く就寝してこれ以上の睡眠時間をとっても寝付けなかったり、3時過ぎには目が覚めたりと、結局4時間少々の睡眠時間になってしまいます。それでも会社での仕事や 合気道 の稽古には何ら差しさわりはありませんでした。

ところが、最近、4時間半の睡眠では寝たりなく成って参りました。

何とか6時間の睡眠時間を摂ろうと11時には就寝するように頑張ってみましたところ、最初は寝付けなかったり、もっと早起きになったりしたのですが、急に寝付けるようになり、夜11時には眠くなるようになりました。

ここ一週間ばかりは6時間の睡眠がとれているようです。

転寝

よくよく考えてみると就寝前に短時間ですがよく転寝をしておりました。

仕事や 合気道 の稽古の疲れもあって転寝をしているものだと思っておりましたが、転寝で睡眠不足を補っていたようです。

そういえば転寝の頻度が少なくなってきております。

身体の慣れもあるのでしょうが、睡眠時間は多いに越したことはありません。なるべく6時間の睡眠時間を維持するようにして、身体にどのような変化があるのか見てみたいと思います。

2018年の本日迄の合気道稽古時間/合気道稽古日数71時間/26日

 

  1. Hajime Ono

    寝るのにも体力が必要ですから、体力増強されたのでは?

    • Hirofumi Emi

       もともと週2日以上、各2時間、土曜日には6時間、合計週10時間以上の合気道をこなす体力はありますから体力の問題ではないのでしょう。
       そんなに年老いてもいませんよ。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。