キース来日(20141028)

 20141028キース来日 20141028キース来日昨日は久しぶりに合気道「至誠館」市役所道場での稽古に参加しました。

 数日前の金曜日に会社の食堂で昼食を摂っておりますとiPhoneのバイブレーションが・・・・

 ディスプレイを見てみますとなにやら海外からの電話・・・・

 怪しいと思いながらも出てみますと、

「×▼▽○×・・・・」

 良く聞くと、「ニュージーランドのキースです。」と片言の日本語。

 キース カーティスは18年前にワーキングホリデービザで来日して至誠館に入門していたニュージーランダーです。

 土曜日に来日して昨日火曜日の稽古に参加したいとの趣旨でした。

 その為、私も何とか仕事の調整をして久しぶりに火曜日の至誠館の稽古に楽しみにして参加したという次第です。

 確か四年ほど前も日本人の奥さんと来日して一緒に稽古をし、夜は歓迎の宴会をいたしました。丁度四年ぶりの再会です。

 驚く事に今回は奥さんとご一緒に娘さんのミッシェルさんまで来日されて同伴で稽古に参られました。門川師範もきれいな娘さんには大変驚かれたお顔でした。(笑)

 キースの方は18年前の道場での初めての出会いの時と同じフレーズで「僕の合気道はちょっと違うね」と私に語りながら、最近のニュージーランドでの彼の合気道の稽古の模様を話してくれました。

 初来日のときはその「僕の合気道はちょっと違うね」と言いながら天地投げで私の腰にタックルしてきたり、座技呼吸法でいきなり手をはずして裏拳を私の顔面に入れようとしたりしましたが、いずれもタックルは床に押さえつけ、裏拳は手の平で握り返したので少し尊敬してくれたのを憶えています。

 今回はその時の様な挑戦的な事ではなく、逆に彼の合気道は気の流れるままに受けを導くだけで投げたり押さえつけたりしない稽古を指導しているとの事でした。倒す時も良く考えてどの様に受けを崩すのかと言う事を主題に研究しているとの事でした。

 昨夜の稽古も門川師範のご指導の下でしたが、彼との稽古はほぼ彼のやり方を踏襲したような稽古にお付き合いしてみましたが、なかなか得るものも多かったように思えます。

 稽古の後はいつもの夜の幹部会会場である居酒屋「居心伝」高槻駅前店での歓迎会、写真はそのときののシーンです。

 ミッシェルさんのiPhoneやキースのiPadで色々と写真を見せてくれたのですが、驚いたのがミッシェルさんの弟の写真で、今はがっちりしたキースですが、写真の中の息子さんは18年前の華奢だったキースそのものが写っていました。おかげで当時のキースを思い出しました。

 色々な懐かしい思い出話を語り合って最後はお店の前の路上でキースと熱いハグをして再会を約して別れました。

 その折に、次回は私がニュージーランドに参りますと約束しました。18年前は定年退職後にはニュージーランドで合気道を教えたいと話し、キースはその時「ニュージーランドでの計画を実行するときは手伝うから声をかけて」との事だったのですが、それを憶えていてくれて「何時ニュージーランドに来るの?」と言ってくれたからです。

 今は日本で道場経営をしているので定年後にニュージーランドで道場を持つ計画は過去の夢となっておりますが、長男が短期留学でニュージーランドにも参っておりましたので一度行って見たいとは今も思っております。楽しみが一つ増えました。

 本当に楽しいひと時でした。今回の来日でも声をかけてくれて、ありがとうキース。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=378時間/126日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。