サバイバル稽古(20140920)

先の土曜日、9月20日は高槻市合気道連盟恒例の「サバイバル稽古」の日でした。

午前中はいつもの通り、高槻市民公開合気道教室を高槻市立芝生総合スポーツセンター体育館で行い、午後一時から17時までを合同研鑽会「サバイバル稽古」として実施いたしました。

合計6時間に及ぶ稽古ですが、毎週土曜日は午前の芝生総合スポーツセンター、午後の古曽部防災公園体育館と同じ6時間稽古をこなしてきておりますので稽古時間的にはいつも通りです。

しかしながら、毎年同志社大学体育会合気道部の皆さんが大勢参加していただき、今年もそのOBも含めてたくさんお出でで、若い皆さんとご一緒に稽古できる点がいつもと異なり、より一層稽古を楽しむ事ができました。

公益財団法人大阪合気会本部道場や梅華道場、京北至誠塾等の他道場からもたくさんご参加いただけました。また、至誠館OBやお仕事や転勤のご都合で最近お顔を拝見できなかった方々もご参加頂き、誠にありがたい限りでした。

我が眞武館からも一番弟子K藤君や最年長の三番弟子TJさんが参加下さいました。

稽古の方も楽しかったのですが、前日の金曜日に大阪合気会本部道場指導部長の本澤師範よりお電話を頂き、来月の演武会での模範演技のご依頼を賜りましたので、これまでに無い演武に致したいと考えており、昨年も受けを取っていただいた至誠館のM田さんや一番弟子K藤君と、受けを取っていただく五番弟子T尾さんが稽古においで出なかったので代理として至誠館のINI君に演武の稽古の相手をして頂きました。

これまでの私の演武と異なり、受けの皆さんにとってはかなり激しい演武と致します予定ですので、サバイバル稽古の上に皆さんに大汗をかいていただいて申し訳無い限りです。一度のあわせで大体思惑通りの演武の段取りを掴む事が出来ましたので、これ以上汗をかいて頂くようなご迷惑をおかけしないように一度だけのあわせで良しとしました。

そのほか、休憩時間等に合気道の考え方や理合についてじっくり質問していただいたり、技の手ほどきを受けていただいた同志社大学合気道部の皆さんもありがとうございました。

また、お時間があれば古曽部での合気道教室や眞武館の稽古においでいただければ幸甚です。

多くの若者の皆さんや懐かしい方、久しぶりにお会いした方々と楽しいひと時(?)、いや長時間の稽古を持て、大変幸せでした。今後ともお付き合いのほど宜しくお願い致します。

帰りは一番弟子K藤君をSLKで高槻駅までお送りしました。機械好きのK藤君に一度乗っていただきたいと思っておりましたのですが、オープンカーモードにするときのマシンの動きや車自身について喜んでいただけ、私自身も大変愉快な気持ちで帰路に着くことが出来ました。

非常に有意義な一日を過ごす事ができました。

サバイバル稽古にご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=329時間/110日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。