国際総合物流展(20140909)

昨日は、仕事の関係で東京ビッグサイトで昨日より催されている「国際総合物流展」に出張で参りました。

朝、6時53分発のいつもより少し遅い時間の快速電車に乗って京都よりのぞみで東京に向かいました。

国際物流展の見学は実に二十数年ぶりです。

朝10時の開場とほぼ同時に開場入りしました。たまたまりんかい線の列車の中で5年ぶりに会社の後輩にばったりと出会って、開場までご一緒させて頂きました。

我社の展示は開場の中でも最大級のコマ数を誇り、立派な展示でした。デモンストレーションの内容も申し分なく今の我社の心意気やビジョンが伝わる内容でした。

ライバル社の展示もしっかりと見て回りましたが、どのブースも我社の技術者が、ライバル社の新製品にアリが群がるように抜け目無く観察している姿があり、頼もしく思えました。

特に最大のライバル社のデモンストレーションの内容は私が30年ほど前の営業時代に我社が目指していた営業戦略を今更のように声高に謳われていましたが、お株を奪われたような気がしました。この路線は今の我社にも必須の路線だと改めて認識させられました。

情報システム部門に携わる者としてRFIDやスマートタグの活用に興味が注がれました。

技術の進歩は昔に変わらず、今の、そしてこれからの日本を支えていく力であると大いに感銘を受けて帰阪いたしました。

昨日、公益財団法人大阪合気会前代表理事高月護先生の訃報をお伝えいたす為に月曜の眞武館の稽古について記載いたしませんでした。

本日改めて月曜の稽古時間を計上しておきます。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=311時間/105日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。