先行きが不透明な不安 (20200401)

公官庁や多くの日本企業、学校等の年度が替わる4月1日となりました。本来なら新しい年度に希望に満ちた日々となるのが例年ですが、今年はコロナウイルス問題で 先行きが不透明な不安 ばかりがよぎる日となりました。合気道 「眞武館」本部道場設立計画もこのままコストをかけて良いのかどうか頭を悩まされる日々です。

雨漏りの原因となっている外壁や屋上の防水加工と塗装はお金をかけても行わなくてはなりませんが内装はDIYで何とかする事を考えています。

賃貸とするワンルームに関しては極力低コストで業者にお願いするか、リフォーム完成時にはすでに学生向けの賃貸の時期は外れてしまっているのでやはりDIYで何とか凌ぐ事も視野に入れなくてはなりません。

極力老後の資金を喰い潰さない様にしなくてはならない事態だと思います。

今後どの程度まで、あるいはいつ頃まで大恐慌が続くのか 先行きが不透明な不安 日々が続きますが何とか明るい未来を信じて知恵を絞りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。