合気道 あら雀がたいへん(20180731)

合気道 「眞武館」島本道場

昨夜は、 合気道 「眞武館」島本道場での 合気道 の稽古指導日でしたが、お仕事での出張等でお休みの連絡が相次ぎ、最初の30分間は誰も顔を見せず、今日はこのまま終わりかなと思った頃に池田さんにお出で頂け、その15分後に月曜はお休みのはずのSKさん、終了15分前にHYSさんと本当に少数精鋭での 合気道 の稽古となりました。

最初のI田さんとの一対一の稽古では杖を用いた合気の杖の基本素振りの稽古を入念にさせて頂きました。

続いてSKさんがおいでになられたので31式型杖と組杖を稽古いただきました。最近は1から12までの組杖ばかり稽古しておりましたので、初心者のお二人にとっては、12以降31までの組杖は初めての稽古となります。

31式組杖を通しでの稽古が終了したころにHYSさんがお出でになられました。

今回の5級昇級候補ですので、急遽残る15分間で5級審査の技の稽古をして頂きました。

合気道 あら雀がたいへん

毎朝NHKのドラマ「半分青い」を見ておりますが、その主人公の名前がすずめです。それとは全く関係ないのですが、この日、稽古開始の当初から体育館の中に雀が迷い込んでおりました。稽古終了時でも開け放たれた窓から外に出られません。事務員の方に雀が迷い込んでいる旨を告げましたが、結局そのまま体育館を閉めました。

何とか無事本日の開館と同時に逃げる事が出来ればよいのですが。非常に気になります。

2018年の本日迄の 合気道 稽古時間/ 合気道 稽古日数252時間/95日

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。