セラミック歯冠(20160301)

昨日は、終業後に予定通り歯科外来診療にて3本の歯冠をはめて参りました。

まだ仮付けで様子をみてから、次回の診療時に恒久的にはめ込むとの事でした。装着直後は、仮歯と比較して少し窮屈感がありましたが、今朝起床すると違和感は全く無くなっておりました。

流石に高額なセラミック歯冠は、色合いや肌触りも本物の歯と見分けがつかないほどの出来栄えです。

家内にも覗いてみてもらいましたが、言われてみないとわからないと高評価でした。

選んだ色合いも、周りの本物の歯と遜色なく、大変満足な仕上がり具合です。

元々歯は、毎日朝、昼、晩とそれぞれ二種類の歯ブラシと二種類の歯磨き粉で丁寧に20年以上磨いた参りましたので、歯科診療も十数年ぶりでした。歯ブラシのうち一本は音波歯ブラシで、一本は歯冠歯ブラシです。

歯磨き後のうがいは、フッ素等の薬剤が流れ落ちないように二回軽く行うように心がけております。(随分以前にうがいのし過ぎは、折角の歯磨き粉の薬効成分が流れてしまうとの歯科医のご指導がありました。)

何十年も昔に治療した詰物の中が虫歯になっており、今回はそれらをすべて治療する予定です。

ただ、それだけ歯磨きを励行してきても、磨き方が悪かったのでしょう、歯垢や色素沈着でかなり汚れておりました。

昨年末の治療開始以来、疎かになりがちだった就寝前の歯磨きを必ず丁寧に行うようにするとともに、毎回の歯磨きも一本づつ丁寧な磨きを心がける様に致しております。

死ぬ時が来るまで、自分の歯で食事が出来る様に頑張って参りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。