合気道 争わずの武道(20190304)

合気道 は、「いたずらに競い合わない」事を信条としております。頻繁に「本当に戦いになったときに役立つのか」と言う質問をされます。当然役立つのでしょうが、相手の技量や自身の技量にもよります。 合気道 は、最初から勝っているとも申しますが、これは、闘わずの武道であるから絶対不敗とも申します。

また、生死をかけての戦いを一生のうちで行うことよりも多くの人と出会い、仲良くならねばならない場面の方が絶対に多く、大事だと思います。

合気道 闘わずの武道とは

「闘わずの武道」とは、戦いから逃げることなのでしょうか?いいえ、決してそうではなく合気道では、先ず相手と和合することが肝要としており、戦いに来た相手と友達になることが最も強い技とされています。

戦うと言うシチュエーションから合一和合して仲良くなる道に相手を気持ち良く導く魂の修行が必要です。合気道の道は世界平和の道であり、その根本となる精神の養生が大きな目的であります。

本日の 合気道 「眞武館」島本道場でもこの心がけで稽古を行いたいと思います。

2019年の稽古日数と稽古時間:21日/65時間

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。