· Categories: 未分類

今日、関大サークルのM田さんが、昇段後初めて袴を着用された。

着付けは門川師範が教えられたので、稽古終了後に袴のたたみ方をご指導させていただいた。指導後に門川師範より「江見さんは袴の後ろ側で紐を結ばれているのですか?」とのご質問。少し考えて「ええ、前ではひだが邪魔になるので」とお答えしたが、「畳んでいるから前も後ろもひだは一つですよ」との師範のお言葉。

おかしいなと思いつつ、稽古後の懇親会を終えて自宅でじっくり考えてみると・・・

教えている途中、M田さんが袴を裏返しにされたのをみて、「ちょうど裏返すつもりだった」と流れで裏返しにしてその後を説明したが、考えてみるとそのように裏返して畳んだ事は無かった。畳んだ袴を置いたときに結び目を上にする為に、袴自体を裏向けに置くのはおかしい。何であんなへ理屈を言ってしまったのだろう??少し頭が固くなってしまったのか?以前ならその場で自分の間違いに気がついていただろうに・・・(^^;

明日、早速師範とM田さんに間違えのお詫びをしなくてはならない。しかし、合気道の指導の場合も良くこの現象を起こされている場面をお見かけする。私自身もたまに指導時に「あれ?」と思う事がある。説明しているうちに、自分本来の動きからかけ離れた事を説明している自分に気付く・・・

どういうことかと言うと、自分が技を行っているときは無意識で行っているのだが、他の人に指導するときは、考えながら技をしたり、流れを区切って順番をつけて指導したりといつもと異なるシチュエーションで技を行う事になり、このため、本来していない動きや流れの説明をしてしまうのである。

今回の件で、今一度自分自身の指導方法を戒める必要がる。教える事は、教わる事。門川師範の教えは真理です。

· Categories: 未分類

眞武館の稽古場所である島本町体育館は、他の道場の方々から「重たい畳を敷かなくてはならないから大変でしょう。」と言っていただく事が多い。

皆さんのご見識の通りで、スポーツ用の本畳を毎回18畳分敷きつめて稽古に臨んでいる。まだ少人数なので18畳だけで十分なのだが、少人数なだけに18畳でも敷き詰めるのには労力が要る。ここのところ2回連続で準備時の畳敷きは私一人でこなしている。普段も途中で手助けが入る事もあるが、基本的に一人で始めることが多い。

慣れて来たのか、一人で18畳の畳を一枚づつかついでも億劫にならなくなってきた。かえって稽古前の準備運動としては汗もかけ、良いかもしれないと思えてきた。一人でもくもくと、よくすべる畳をなるべく滑らないように組んで敷き詰める工夫をしながら敷き詰めるのもなかなか面白い。今日は、左右シンメトリーに美しく敷き詰める事ができたので大満足であった。

柔道用の赤畳も混じっては面白くないので、労力を厭わず、わざわざ赤畳を外して緑畳だけを敷き詰めたりする事にこだわったりしている。しかも物好きが過ぎるが、赤畳が下の方に、青畳が上部に来るように保管場所の積み替えまでしている。

稽古後の畳の始末も今日は極力一人で一枚の畳を持ち上げて運ぶようにして筋力増強のための運動を兼ねてみた。稽古前も、稽古後も畳敷きが終わったところで非常に満足感があった。これまで面倒だと思っていた畳敷きが楽しみになった。

島本町の畳より本当は古曽部のマットの方が大変で、60枚を敷き詰めるのに毎回一人で倉庫からの移動も含め30分以上準備に掛かる。途中で応援が入る事もあるがこの間の日曜日は全て一人で遣りとげた。

昔から早くに道場の掃除や準備をする事が好きだったが、今も矢張り準備をやり遂げて皆を待つ時間のすがすがしい気持ちは変わらない。これは、やった事の無い人にはわからない。是非お勧めの作業なのだが・・・

今日の稽古は、先週木曜日に引き続き、二番弟子S木さんと関大OBのM島さんと私の3名だけだったが、ゆったりとした時間の中で正面打ちからの技を稽古できた。最後に天地投げをし、件の畳の片付けの後、シャワーを浴びて体育館を後にした。

· Categories: 未分類

最近小林製薬の「シャツクール」の宣伝をJRの扉袋の掲示広告でよく見かける。

小林製薬「シャツクール」

気になって、探していたのだが、先日長男が大阪市内のダイコク薬局で購入してきてくれた。以来、通勤時や会社のユニフォーム、道場での道着等に利用してみた。

昔、道場で制汗剤の類を使って、暑いのに汗が出ないで嫌な思いをしたのだが、この「シャツクール」は、汗が出た部分が冷たく感じ、汗はそのまま出るので、なかなか気持ちが良い。乾くとメントールの効きがなくなり、また汗をかくとメントールの冷感が戻ってくる。

自分の中では、最近最も気に入ったヒット商品である。バイクに乗るときもメッシュジャケットの下のTシャツに振り掛けておくと非常に涼しい。

暑い中で稽古をするときもエアコン要らずである。エアコンを入れると身体が硬くなって受身も億劫になってくるが、これを道着に振り掛けておくと身体の動きはそのままに熱中症も防げそうだ。

今日の古曽部体育館での合気道教室は鉄人T居サンとI東さん、I下さんと私の4名での少数精鋭の稽古となった。本日も気の流れと気結びによる技の稽古を行なった。

稽古後、シャワールームにてボディーシャンプーで汗を流し、MPVのクーラーを効かせて帰宅した。爽快な気分で午後のひと時を昼寝で過ごせた。

明日からも「シャツクール」で暑い盛夏を乗り切ります。小林製薬さんありがとう!!
消費量が多いので先日予備の「シャツクール」をJR高槻駅の「マツモトキヨシ」で購入しました。「夏のクール品」と言うようなワゴンセールになっておりましたが、500円と言う安さも手伝ってか残り二本しかありませんでした。JRの広告の効果もありよく売れているようです。

追記:「信念」のページ「合気の動作」を新作アップしましたのでご覧ください。

· Categories: 未分類

学生さんは、夏休み前の試験期間に突入し、現在道場は閑散としております。いわゆる道場における学生さんの試験休み状況です。

まだ3人しか門下生がおらず、そのうち一名が現役の学生であり、お手伝いにきていただいているN山さんも学生である眞武館では、ある意味、稽古存亡の危機です。(^^;

で、学生以外の皆さん。8月第一週までは稽古参加者が少ないので出稽古ご希望の方、眞武館を一度見に行ってやろうといわれる方は、ご遠慮なくお出で下さい、大歓迎です。先だっても空手家の方が見えられましたが、他武道の方もどうぞお出で下さい。ご一緒に合気道を楽しみましょう。

今日は、稽古前に芝生体育館の合気道教室に以前良く参加されていたTさんをお見かけしたのでお声掛けいたしましたところ、暑い中、ご高齢(74歳とのこと)にも関わらず、重たくて有名な体育館の畳敷きをお手伝いいただきました。私と二人で畳を敷いた後、受身の稽古をされてから帰宅されましたが、体育館までは上牧のご自宅から自転車でお出でとの事。本当にお元気です。いずれ月曜の稽古日に稽古参加されたいとの事でした。

その後、二番弟子S木さんと関大OBM島さんと私の3名で、ここ数週間のおさらいをいたしました。たった3名での稽古でしたが、その分しっかりと稽古をいたしましたので皆汗だくになりました。

そこで稽古後、初めて島本町立体育館のシャワールームを利用させていただきましたが、稽古後のシャワーはやはり快適です。今後は、是非利用させていただこうと思います。ボディーシャンプーを持参しようかな?

シャワーですっきりして帰宅しようとしたところ、体育館の玄関で何時もお世話になっているヤスイ・スポーツのご主人とばったりお会いしましたのでご挨拶申し上げて体育館を後にしました。余りの暑さに島本駅にたどり着くまでに、またまた汗まみれになりました。(^^;

· Categories: 未分類

月曜日の眞武館の稽古帰りにJR高槻駅のプラットホームで抜刀術の山田先生のお姿をお見かけし、昨年10月の高槻市合気道連盟の演武大祭以来でしたので、ご挨拶をさせて頂きました。

山田師範は驚かれたご様子で「私ですか・・・?」と怪訝なお顔。再度ご挨拶差し上げると「ああ・・・」と挨拶を返して頂きました。

それでも怪訝なお顔でしたので、ひょっとして人違いだったかと思いつつ、丁寧に頭を下げて失礼しました。

門川師範にメールでこの事をご報告すると、「山田師範は六月末に手術をされて退院なさったばかりなのでまだ外出はされないでしょう」との事。

やはり、人違いだったかとも思いつつ、あの独特の温厚なお顔立ちや体格、ぞして日本刀を刀袋にお持ちのお姿は間違えようが無いとも思いました。

ぞして今日、門川師範からメールにて早朝に山田師範がお亡くなりになられたとのご連絡・・・

こんな不思議な事があるのですね。師範が最後のご挨拶にお出でになられたのか・・・

山田先生、ご存命中は大変お世話になりました。最後のご挨拶を頂き、誠に光栄です。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

· Categories: 未分類

本日は会社の歓送迎会がありましたので道場はお休みさせていただきました。

今の職場に参りましてはや十数年経ちました。一般職として前職の人事課から現在の情報システム課へ配属され、主任になり、課長になり、現在では経営企画室の主査(次長クラス)を兼任させていただいております。

その間に、複数の上司や部下の歓送迎会も行なって参りました。人との出会いと言うのは本当に不思議なもので、一生出会わなかったかも知れない方々と、出会うことが出来たのですから一期一会と言う言葉の通り、大切にお付き合いしていきたいものです。

私は、退社された方々や遠くの地に去られた方々ともなるべく交流を続けようと考えております。そういう意味では、すたれてきた年賀状と言うものも大切に致しております。

今日歓送迎会の主役だった方々とも永いお付き合いをさせていただければと心から念じます。

会社だけでなく、合気道やバイクのツーリング等で出会った方々、私の人生の宝として永いお付き合いを宜しくお願いいたします。

· Categories: 未分類

週末の大雨から一転、三連休は梅雨明けで晴天猛暑となりました。

そのような中、土曜は芝生体育館、古曽部体育館と合気道7時間稽古で合気道三昧。クーラーもかけずに午後の古曽部体育館では室温30度、湿度60%と言う中で、気持ちの良い汗をかきました。

やはり、古曽部体育館でもクーラー無しの方が気持ちが良いです。今回も私の指導は基礎動作の繰り返し稽古。呼吸法の鍛錬と氣を大きく発する鍛錬を兼ねた交差持ち一教基礎動作。氣結びの鍛錬と氣の流れからの鍛錬と胸取りからの四方投げ、その応用の入り身投げ、回転投げ。

午後の四時間を基礎動作の稽古に費やしました。私自身としては、ゆったりとした中での非常に有意義な稽古になりました。

日曜日は、三木市にある父の墓参りに参りました。中国縦貫が大渋滞で何時もなら一時間強で辿り着く道程を二時間半以上かけて辿り着き、炎天の中、墓掃除に汗を流しました。お陰で雑草も一掃してきれいになりました。

本日は眞武館の稽古に空手家の方が飛び入りで体験稽古に参加されましたが、合気道の理合いに驚かれたご様子でしたが、楽しんで頂けたとの事でしたのでまたのお越しをお待ちしております。