· Categories: 未分類

今日も暑い中、至誠館の稽古でした。門下生の皆さんが休憩時間に暑い暑いと仰る中、「何でやねん。エアコンも入っているし、そもそも地下やから涼しいやん。島本の体育館とは雲泥の差や」等と、ついこないだ迄は、「イキが詰まるほど暑い」と文句を言っていた自分を忘れて思っていました。

確かに、あれほど暑くて、場所によっては夏場は空気が薄く感じられた市役所地下の稽古場も、島本の体育館の固い畳と小さな窓の環境に慣れてしまうと天国のような道場環境です。人間がいかに贅沢な生き物であるかと言う事と、いかに劣悪な環境でも直ぐになれてしまうと言う二面性を実感しました。

ハングリー精神じゃありませんが、この経験から言うと、贅沢を言わずに、極力厳しい環境で日々稽古を続ければ、他の環境にでたときに、まるで足かせを外したように、あるいは、手足にはめたウェイトを外したように、すばらしい動きや耐久力・持久力が出来ていると言うことでしょうか?

で、なんやかやと考えながら汗をかきつつ稽古を終えて火曜日恒例の飲み会に参りました。会場はつぼ八高槻市駅前店。

生ビール大をぐびぐびと飲むおいしさに酔いしれて、門川師範の合気道指導40周年記念パーティーの打合せを行いました。

期日は11月27日の土曜日、京都ホテルにて、記念品として師範に門下生一同から「鉄扇」をお送りします。「えっ?プレゼント内容をこんなところで発表して師範に知られるって・・・大丈夫です、恒例飲み会には師範は皆勤賞ですので当然このお話は、つぼ八の席で筒抜けです。師範は全く知らない振りをしていただくことに30周年記念でも暗黙の了解となっておりました。」(^O^)b

今回は師範の初めての孫弟子達にも眞武館門下生として参加していただく所存ですので愛弟子の皆さん! よろしくお願い致します。

· Categories: 未分類

今日は、二番弟子S木さんと二人だけの稽古となった。折角の二人だけなので、丁寧に合気道の基礎動作のおさらいを行ってみた。

体の転換に始まり、いつもの交差持ちからの一教押え込み動作での手・足・腰の一致した動作とそれに気を乗せる稽古。

正面突き、正面打ちに対しての入り身転換、特に外転換術。膝行と座技両手持ち呼吸法。

S木さんも技に気が乗るようになり、入り身転換術も随分上達されました。非常に良い稽古が出来ました。

ただ、今日は非常に暑い夜で、稽古前に体育館受付で書類を書いているだけで額や顎から汗が滴り落ちるような状態でした。

いつものように一人で18畳の畳を敷き詰め終わったときには汗だくでした。稽古後はS木さんと二人で片付けましたが、女性のS木さんには気の毒な事をしました。早く門下生を増やして畳み敷きの苦行から開放してあげねばなりません。

途中、激しいにわか雨がありましたが、稽古後シャワーを浴び、雨に濡れることもなく帰宅できました。

· Categories: 未分類

今日は夕食を家族とともに外食で済ませました。串家と言うお店で、串カツのバイキング版。おなか一杯食べて「思ったよりもおいしかった!!」と家族一同満足で帰宅すると、近所の角のお家の前に軽トラックが道の真ん中近くに陣取って通れそうに無い。

運転手であろう男性が玄関脇の植樹に頭を突っ込むような姿勢で側壁に手をついてたたずんでいる。

あれ?なにしてるんやろ?
まさか、立ちション・・・・

しばらく待ったが、全く無視の状況で車を動かす様子が見えない。「植木屋さんが植木のチェックでもしているのかな」としかたなく、バックして切り返し、大回りして自宅の駐車場に停めた。

家内とガレージで少し片付け物をしていると件の男性がなにやらわめいている。

そのうち警官2名がバイクで到着。どうやら宗教問題と離婚問題の複雑なお話しで、男性は離婚話が降って沸いた妻に会いたいと駆けつけたようだが、酔っ払っているのか興奮しているのか、泣いたりわめいたりで支離滅裂である。

とうとうパトカーが・・・・・・
次男によると車ごと警察に連れて行かれたようだ。

今日は大丈夫だが、宗教集会をよく行われているご近所のお家で、奥さんを匿っておられるのか?なので、また、逆恨みでもされて件の男性がやってくるかも知れない。あの支離滅裂さから、放火や暴力沙汰も考えられないでもないので家族には要注意を勧告。真夏の夜の怖い話でした。

· Categories: 未分類

本日の芝生体育館での合気道教室は、朝9時の段階で、ものすごい暑さでした。

9時からの合気杖の指導が終わった時点で既に汗だくの状況で、10時からの一般稽古は涼しい場所でと、外気と一番接することの出来る観音開きの外扉の前で最初の技を行なったのですが、血圧でも高いのかと思うほど途中からふらつきます。件のシャツクールも全く役に立ちません。汗に流されるのかすぐに冷感がなくなります。

頭をかきむしるようにタオルで汗を拭いても汗が滴り落ちてきます。頭もぼーっとしてきます。なんでだろう?

涼しい場所として選んだ扉前があだとなっていることに気付きました。なんと、扉から外部の冷風どころか熱風が・・・・・・(^^;;;;

外からの風がものすごい熱風です。これではたまりません。

その後の技は、冷風機の前をヌシの様に占拠して行ないました。途中体育館の構内放送でも「本日の気温は大変暑くなっておりますので熱中症に気をつけ、水分補給をこまめにしてください。」と言う注意を流していました。

みなさん、暑い時期ですので無理をしないように稽古してくださいね。

合気道Tipsページの「袴の畳み方」の「出世だたみの図解」に加え「石だたみの図解」を追加掲載しましたのでご参照ください。

· Categories: 未分類

先日、袴のたたみ方について、門川師範からのご指摘に対して、変な抗弁をして間違ったたたみ方を伝授したという記事を書きましたが、その後、実際にたたんでみるとやはり裏向けにたたんでおりました。

二転三転して申し訳ないのですが、もともと袴のたたみ方は、(財)大阪合気会の合気学校にて十四五年前に前の校長であった田中博昭師範から教わったので、当時の教本を紐解いてみた。

そこには「石だたみ」と「出世だたみ」のやり方が図入りで説明されていたが、やはり、どちらのたたみ方も後ろ向きに紐をたたむ図柄であった。

門川師範、申し訳ありません。やはり裏向けにたたんでおりました。そこには裏向けにたたむ理由は書いてありませんでしたが、自分なりに理由を考えてみたところ、たたんでおいておくときに裏向けにおくのはおかしいと先の記事に書きましたが、実際は裏向けにおくと、後ろに刺繍された道場名や氏名が見えるので、並べて置いても誰のものかわかりやすいからだと思います。

出世だたみの図解を作成してみましたのでご参照ください。(作成に二時間近くかかりました。(^^; 検索エンジンでのキーワードで「合気道袴のたたみ方」がかなりのヒット率でしたので、お困りの方のために「合気道Tips」のページに「石だたみ」も掲載しました。)

袴のたたみ方一つでこんなに揺らいでいては、私の指導はいかがなものか・・・
やはり、自身についてもう一度見つめなおす必要がありそうです。(猛反省) orz

本日は、お仕事のほうでお世話になった前の担当常務が特別顧問となられたので、部門管理職による謝恩会に出席させていただくため至誠館の稽古はお休みさせていただきました。

· Categories: 未分類

最近の稽古は、体の転換で始まり、次に交差持ち一教を気結びと気の流れで行う基礎動作の稽古を行う事にしている。

この稽古では、しっかりと体捌きをしつつ相手と気合わせを行い、手・腰・足の動作の一致から足の踏み込みの力に自己の気を乗せて相手に効率的に伝えて技とする事を組み稽古で行っている。

門下生にはなるべくゆっくりと大きな気を発して、気と力を出すように意識付けしていただいている。このことにより、技の順番にこだわった稽古ではなく、いかに相手と気結びして自己の気を発揮するかと言うことを意識した稽古に繋がると考えている。

今日は二番弟子S木さんと三番弟子T田さんが初めてそろって眞武館の道着を着用しての稽古となった。一番弟子K君がこれに加われば眞武館道着勢ぞろいである。

今日も関大OBのM島君が稽古に加わってくれた。また、関大サークルOBのM岡君も参加してくださいました。

· Categories: 未分類

本日はお仕事で高槻着22時過ぎとなったため、至誠館稽古には間に合いませんでした。

最近、仕事でも合気道でも共通して痛感している事が一つある。

仕事においても合気道の稽古においても指導者や管理者と一般社員、門下生との覚悟の違いを痛感させられている。

一般職だった頃は、自分の仕事さえ上手く行けば満足であった。道場での稽古も自分の技量さえ上達すればそれでよかった。

管理職となった今は、自分の所属部署はもちろんの事、所轄業務の関係で全社全グループ的な視野で考え、また、責任を全うしなければならなくなった。

道場経営も然りで、門下生全員が満足いく稽古を目指し、門番の弟子でよかったと思われるよう自分を律しなければならない。

そのような覚悟について部下や門下生と話してもなかなか理解を得られない。会社では他部門や予算、経営計画等との関係調整、道場ではたとえ道場破りまがいな方が来ても笑って指導し、納得させるだけの技量を発揮する覚悟。

それは、「責任感」と言う言葉で置き換えることが出来るかもしれない。「覚悟」や「責任感」について語るのは簡単であるが、その立場にならないとその人の覚悟の大きさを図り知る事は出来ないものなのだとしみじみ思う今日この頃です。門川師範がいかに道場経営に腐心されて来られたのか、若干でもお手伝いしていたと思っていた事が恥ずかしいくらい大変な事に今、気付かされた。