暑い夜の稽古

今日は、二番弟子S木さんと二人だけの稽古となった。折角の二人だけなので、丁寧に合気道の基礎動作のおさらいを行ってみた。

体の転換に始まり、いつもの交差持ちからの一教押え込み動作での手・足・腰の一致した動作とそれに気を乗せる稽古。

正面突き、正面打ちに対しての入り身転換、特に外転換術。膝行と座技両手持ち呼吸法。

S木さんも技に気が乗るようになり、入り身転換術も随分上達されました。非常に良い稽古が出来ました。

ただ、今日は非常に暑い夜で、稽古前に体育館受付で書類を書いているだけで額や顎から汗が滴り落ちるような状態でした。

いつものように一人で18畳の畳を敷き詰め終わったときには汗だくでした。稽古後はS木さんと二人で片付けましたが、女性のS木さんには気の毒な事をしました。早く門下生を増やして畳み敷きの苦行から開放してあげねばなりません。

途中、激しいにわか雨がありましたが、稽古後シャワーを浴び、雨に濡れることもなく帰宅できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。