楽しい稽古が一番(20141009)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

稽古参加者は、五番弟子T尾さん、六番弟子M野さん、七番弟子M田さん、十一番弟子A正さん、至誠館よりM田さん、INI君でした。

昨夜も基礎動作と基本技の稽古ということで体の転換を入念に行い、正面打ち一教動作からの展開技の稽古としました。

初心者のA正さんがおられましたが、ついていけるであろうと判断して正面打ち一教動作からの展開技は早回しで稽古を行いました。

A正さんも最初は戸惑いもあったようですが、直ぐに慣れられて問題無く早回しの稽古を楽しまれました。一教腕押さえ、一教腕押さえから胸取り二教、同じく三教、四教、五教と六教は短刀取りとしました。

正面打ち体の転換四方投げでも四教に固めて肘を床につける形での稽古とし、最後に座技呼吸法で稽古を締めました。

休憩時間も殆ど取らずの稽古となりましたが、門下生の皆さんのお顔は笑顔の疲れしらずで、A正さんを含めて、稽古を楽しんでいただけたようです。

A正さんによると始めての月曜日の島本道場での杖剣の稽古で火曜日は上半身が筋肉痛で大変だったとの事。十二番弟子のY田さんも月曜日当日の稽古終了時に既に上半身が筋肉痛でかなり来ていると仰っておられましたが、多分一月もすれば問題なくなると思われます。

稽古当日はゆっくりと入浴して筋肉をほぐし、筋肉痛がきつい翌日は熱が出たりしていない限り、出来るだけ動いたほうが早く回復できますよとアドバイスをいたしました。筋肉痛が辛いからと寝込んだりじっとしていると身体がほぐれずなかなか筋肉痛から開放されません。もっとも疲労から熱があるような場合は別ですが、経験上、出来るだけ朝から動き回ったほうが早く回復します。

本日の稽古も終了時には楽しい想いばかりだと思いますが、結構激しく、運動量も多いので稽古後の身体のケアには十分気配りをお願い致します。

やはり、稽古が楽しいのが一番です。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=353時間/118日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。