合気道「眞武館」ふれあいセンター道場(20140731)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

昨日は高温注意報が出ていた様で、ふれあいセンターに到着した時には下着はすでに汗でびしょびしょでした。

やっと夏らしい夏になりましたが、明日の古曽部体育館も先週に引き続き、エアコンを入れなくてはならなくなりそうです。

暑さの中でも島本町立体育館とは違って、ふれあいセンターはエアコンが効いておりますので夏場は非常に快適です。

昨夜の稽古は月曜日の稽古が、「切ること」に特化して稽古致しましたので、昨夜は「結ぶこと」にこだわった稽古としました。

先ず、「産霊=産巣日」や「イクムスヒ、タマムスヒ、タマツメムスヒ」等について神道の観点からご説明し、大先生のお言葉などもご披露した合気道レクチャーから入りました。

その上で、結びの御技の体現を自覚いただきやすい、離れない手で行う「逆半身方手持ち回転投げ」を行っていただきました。

続いて「逆半身方手持ち四方投げ」を受けの手を握らず離れない手で行っていただきました。

何れの技も受けを「やっつけよう」とするのでは無く「導く気持ちで相手を慮る気持ちを持って技を成す事」が肝要であると言うことを体感いただければ稽古としては成功です。

最近は基本動作の稽古ばかりですので、飽きがこない様に途中趣向を変えて雁字搦めに後ろ両手取りに取られてからの側転入り身を行って見ました。

きつく後ろ手に固められても案外簡単に動けることを体感いただきました。

最終的には雁字搦めに後ろ両手取りに取られた上に壁に後ろから押さえつけられた状態から側転入り身投げを施す稽古も致しました。

結構楽しんで頂けた様です。

最後に「あおり動作」で行う「座技呼吸法」を稽古いただき、昨夜の稽古を終えました。

稽古参加者は、六番弟子T尾さん、十番弟子M田さん、十五番弟子T野君でした。

蒸し暑い中を島本駅迄歩いて稽古後の帰路を急ぎました。

2014年の 本日迄の稽古時間/稽古日数=265時間/90日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。