再開と再会(20140623)

昨夜は合気道「眞武館」島本道場での稽古指導日でした。

道場に参りますとここ一週間、故障で見て取り稽古に徹していたT野君が、道着に着替えて、以前の通り一番乗り皆勤賞で待ち構えていました。

やっと稽古再開との事。無理をしない様にとお話をしておりますと、五番弟子H本君が久し振りに参りました。

彼も昇段印可状授与以来ほぼ一ヶ月ぶりの稽古参加です。

続いて六番弟子T尾さんが来られ、続けて、これまた体調不良でほぼ一ヶ月ぶりとなる長老四番弟子TJさんが出て参られました。

この日は、この様に稽古の「再開」と久しぶりにお会いする「再会」の語呂合わせの様な日となりました。

稽古の方も久しぶりにしっかりと三十一式型杖と組み杖の稽古を致し、徒手技では、気結びの理合いを中心に正面打ち一教押さえ込みを入念に稽古致しました。「継足」と「追い足」、「体捌き」と「網代歩き」についても詳細をご説明し、じっくりと稽古いただきました。

さて、皆の元気なお姿も確認出来ましたので一安心です。H本君とはJRでご一緒して高槻駅で別れました。

黒帯姿も似合いましたが、次は是非袴姿をお見せ頂きたいものです。

2014年の本日迄の稽古時間/稽古日数=221時間/76日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。