睡眠時間とオルニチン(20140510)

ゴールデンウィーク前と直後に三時半起きで仕事をして出社した事を以前記載いたしましたが、この時、寝不足が祟った事を機に就寝時間を少しですが早めました。

従来は12時過ぎに就寝して5時起きと言う睡眠時間五時間弱の生活でしたが、いつの間にか睡眠不足が積もり積もって体調不良を引き起こしていたようです。

最近は睡眠とともにオルニチンのサプリメントやドリンクを服用している。

オルニチンは蜆に多く含有されており、今後は蜆の味噌汁も頻繁に食膳に並べてもらう事にしている。

実は健康診断で蛋白尿がここ数年指摘され、かかりつけ医の検査では異常は無いという事でしたが、昨年の検査ではかかりつけ医も一月毎の観察が必要と言う結果になりました。

腎臓機能が落ちているようです。水分不足での激しい運動が祟っているとの指摘もありました。

症状を悪化させないためには「オルニチンサイクル」と言う、有害なアンモニアを尿素に換える腎臓の機能の負担を軽減するために、先に記載のオルニチン摂取がもっとも効果があるとの事です。

このオルニチンと睡眠のおかげか、最近は疲労感が減ったような気がします。体も軽くなったような気もします。

まあ、病は気からとも申しますので、効果があるような気がするだけでも何か体には良いのかもしれません。

腎臓は「沈黙の臓器」と呼ばれて、障害が出ても自覚症状が無いそうです。

50代半ばを過ぎましたので身体を労わりながら少しでも永く健康でありたいと思います。

今年の秋の健康診断で睡眠とオルニチン摂取の効果が出てくれれば幸いです。

さて、本日は合気道教室での6時間稽古、明日は公益財団法人大阪合気会本部道場での指導者勉強会です。

この土日も合気道で心身を鍛えなおします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。