眼鏡(20140313)

昨日の武ログ記事でも書きましたように、昨日よりJ!NS PCと言うメガネを着用して仕事やプライベートでのパソコン作業を致しております。

私自身は小学校5年生から高校まで左右両眼とも0.6と言う仮性近視の矯正の為にメガネを着用していました。と言ってもメガネの着用感に、特に耳の付け根と鼻の根元の痛さに耐え切られず、殆ど使った事がないに近い状態でした。

高校生の頃は、眼鏡がいやなためにコンタクトレンズを装着して大学2年生くらいまでを過ごしました。

高校から大学生時代にバイクに親しんでいたのですが、ある日国道171号線を走っている時に両目にほこりが入り、コンタクトレンズとの間に入ったのか激痛で目を開けられず事故を起こすところでした。何とか痛みをこらえて薄目を開けてバイクを急停止しました。良くお釜を掘られなかったものです。

その一件以来、コンタクトの装着もやめてしまいました。

その後、就職後に速読法に興味を持ち、専門書数冊を手に我流で速読法の習得に勤しんだのですが、若干の速読は出来るようにはなったものの、期待していたレベルには遠く及ばない結果で終えてしまいました。

ただ、この速読法の修練の結果、仮性近視だったのが幸いしたのか視力が1.2にまで回復しました。

その後34歳で合気道を始めたのですが、バイクのライディング時と合気道の見切りの為に、視力が落ちないように、特に動体視力が落ちないようにその頃から毎朝入浴時に速読法の修練で得た目のストレッチ運動を20年以上続けて参りました。

おかげであと二ヶ月で56歳となった現在も老眼はありません。

結果的に眼鏡は小学生時代の痛みのある装着感の想いでしかなかったのですが、今回J!NS眼鏡を装着してみてさすがに売れるだけのことはあると関心いたしました。

サイズ合わせも殆どしていない汎用品なのにフィット感がすばらしく、昔に比べて非常に軽くなった事もあわせて痛みは長時間装着でも殆どありませんでした。

普段から日常的に眼鏡を愛用されておられる方々からは何をいまさらとのお叱りを受けるかもしれませんが、私としては結構衝撃がありました。

まあ、眼鏡嫌いが高じて視力回復につながったので良しとしますが、こんなに装着感が良いのならPCめがねだけでなく伊達眼鏡でおしゃれでもしようかと言う気も起きてきます。

J!NSメガネ、あなどれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。