合気道「眞武館」ふれあいセンター道場(20131121)

昨夜は合気道「眞武館」ふれあいセンター道場での稽古指導日でした。

稽古参加者は一番弟子K藤君、五番弟子T尾さん、八番弟子N田さん、九番弟子M野さん、十一番弟子T玖君、十二番弟子Y里君、十四番弟子Sちゃん、至誠館のM田君、INI君でした。

稽古場である機能回復室の前の廊下を占拠して集団でダンスの女の子たちが指導者の下、稽古時間後の居残り稽古をされていましたが、これはふれあいセンター利用上のルール違反です。以前も芝生の体育館でダンスの少女たちを指導者が廊下で稽古させていたので注意申し上げましたが、その様な方ばかりではないでしょうが、どうもダンスの先生たちは公共の施設利用のルールを無視される方が多いような傾向がある気がします。子供たちをお教えされる指導者としてダンスだけをお教えされているのでしょうか?同じ指導者の立場として疑問です。

昨日記述した「上品である事」と言う事からも離れていると思います。

稽古はいつもの通り、

  1. 体の転換
    1. 正面打ち前後斬り返し体の転換
    2. 一人体の転換
    3. 二人対の転換
  2. 正面打ち一教抑え込み返し技
    1. 一教抑え込み
    2. 入り身投げ
  3. 逆半身片手両手取り体の転換すみ落とし
  4. 座技
    1. 正面打ち一教抑え込み
    2. 正面打ち一教抑え込みから肩持ち二教抑え込み
    3. 正面打ち一教抑え込みから三教抑え込み
    4. 正面打ち一教抑え込みから四教抑え込み
    5. 正面打ち一教抑え込みから五教短刀取り
    6. 正面打ち一教抑え込みから六教肘固め
    7. 気結びによる呼吸法

本日は至誠館で関大合気道サークルOBのM田君と帰りの電車が一緒でした。仕事帰りに出稽古にお出で頂きました。高槻駅でお別れをしましたが、眞武館道場開き当初にも門下生が一番弟子K藤君しか居なかったので稽古にならない時期にお手伝いに来ていただいておりました。

その当時はふれあいセンターでは稽古しておりませんでしたのでセンターまではJR島本駅から見えますので直ぐにお出でになられたのですが、センターの中で迷われたとの事。そう言えば、機能回復室が稽古場であることをどこにも書いておりませんでした。

帰りの道中に話し相手がいるというのはありがたい事です。M田君と色々なお話をしながら帰途につきました。

2013年の本日までの稽古時間/稽古日数=416時間/144日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。