世間は狭い(20100619)

本日の高槻市立古曽部防災公園体育館での合気道公開教室に、とある高校合気道部の2年生が参加してくださった。

世間は狭いもので、彼は小学校の間は(財)大阪合気会の高槻松坂屋道場の少年部に通っていたとの事、年齢から言うと丁度二男が5年生6年生の少年部高学年のときに一年生二年生として同じ道場に通っていたことになる。

試しに、「一番上のお兄さんクラスに江見っていなかった?大阪城での演武会では礼の掛け声かけたりしていた少年部初段級やったんやけど」と聞いてみると「覚えています。」との事。

また、今日は高校物理の先生で、合気道部顧問でもあられるT先生もお出でだったので紹介するとお互いに顔見知りだった。

中学生のお子さんを連れてお出でだった教室初心者のHさんも、「あの子少年野球で見たことあるんですが」との事だったので確認するとやはりお互い顔見知りであった。

高校生にして初めての道場に来てこれだけの知り合いがいるとは、やはり若いときから色々と活動していると人付き合いの幅も出来てくるものだと、若い彼にあらためて教えていただきました。

私も眞武館を始めるにあたり、多くの知り合いの方々にお世話になりました。短い人生でどれだけ多くの方々と知り合いになれるか・・・・一つ頑張ってみます。眞武館の活動もその一環です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。