基本稽古

眞武館では、基本稽古を大切にして行きたいと考えている。

本日の稽古は、愛弟子K君と、関大総情学部合気道サークル2年生のNさんの2名の参加であったので、正面突きからの技における基本動作の鍛錬を中心に稽古を行った。まずは、正面突きに対しておなかを出して突かれるように直線的に入り身を行う動作の稽古。次に、通常の体の変換を少しアレンジして片手取りではなく正面突きを受けとして体の変換を行う鍛錬。この際、突きに対して直線的に入り身して、相手の突きを突きたいように突かせ、腹に当たる寸前に転換を行って、相手の直線の気の流れを自身の円転の気の流れに転換して、相手を崩す鍛錬を行った。

まずは、色々な形での攻撃に対する気合わせと気結び、気収めの鍛錬を地道に行ってまいります。

稽古の後、Nさんと島本駅のプラットフォームで別れた後、メールの確認をしたところ、島本在住の方から稽古の見学希望が届いておりました。家内が午前中に体育館の予約に来たついでにチラシ配りをしてくれた成果が出たようです。家内の努力には本当に頭が下ります。(感謝)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。