第36回指導者勉強会

おはようございます。本日も元気に朝を迎えました。少し雨模様ですが、そのおかげか寒さは幾分ましです。

昨日は財団法人大阪合気会の「第36回指導者勉強会」でした。昨日のアクセス記録を拝見すると多くの方が昨年の指導者勉強会のブログを検索してご覧頂いた様です。すぐに昨日の記事をアップせず、申し訳無い事を致しました。

昨日は、張り切りすぎて一時間以上前に本部道場のあるJR吹田駅に到着してしまいました。駅前で時間をつぶし、本部前の高浜神社にお参りしてから稽古に臨む事に致しました。

境内に入ると奈良の石川師範とお会いしました。ご無沙汰いたしておりました師範にご挨拶し、参拝して本部道場に赴きました。

勉強会では、各道場のメインの指導者とサブの指導者に別れてサブの指導者が三階、メインの指導者は二階で稽古を致す事になっており、私は眞武館道場長として二階で大先輩の先生方と稽古をさせていただいております。

最近は毎回古曽部の稽古と重なって参加できず、約一年ぶりの参加となりました。

指導者勉強会は普段指導に当たるため、自分自身の稽古をする機会の少ない指導者同士が集って自分自身を見つめなおす為の稽古の場です。大先輩の方々とご一緒させて頂くと、まだまだ己の未熟さが身にしみて分かるのと、やはり初心者の頃からお教えいただいた先生方ばかりなのでメンタル面でも「何時もの自分で無い自分」がそこに居る事を思い知りました。

徒に争わないこと」を普段から教えているにもかかわらず、大先輩の先生方にお相手いただくと、身体に力みが入り、力技になっているのが情けなく、まだまだ修行が至らない自己を見つめ直す良い機会となりました。

稽古後はご用意頂いたおいしいお弁当での懇親会で楽しい会話のひと時を経て解散となりました。

この週末は会社の会長・社長をはじめ、部長職以上ばかりの合宿で、仕事上での大先輩と有意義な時間を持たせていただき、また、昨日は本部道場での勉強会で大先輩の先生方とご一緒させて頂きました。公私共々その様な幹部の仲間にお入れいただけき、うれしくもありますが、まだまだ経験の浅い自分を見つめ直す良い機会をいただきました。慢心してはいけないと神の啓示をお受けしたかの様な週末でした。

これを励みに公私とも慢心することなく初心に戻って、学ぶと言う謙虚な気持ちで頑張って参りたいと思います。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=40時間/15日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。