合気道の稽古場

おはようございます。今日も元気に朝を迎えました。

昨夜は、合気道至誠館市役所道場での稽古日でした。至誠館は、何時も通り多くの門下生が駆けつけ、20名を超える人々で熱気あふれる稽古風景でした。

相半身交差持ちからの展開技を門川師範にご指導頂きました。

稽古後は、火曜日恒例の懇親会「夜の幹部会」です。先週件の事件でお騒がせしてご迷惑をおかけした居酒屋「居心伝」にお詫びの意味も含めて参る事になりました。

お店に入っての開口一番は「先週はご迷惑をおかけいたしました。」で、先週も先々週の事件で同じフレーズの挨拶をしており、なんだか毎週誤っているのではと皆で笑ってしまいました。

実は谷口師範のお母様が先週の火曜日にお亡くなりになられておられた事を幹部会の席で始めてお聞きしました。ちょうど私の母と一月違いで病院に入院されて、私と同時期にお腹に食事用の管を通す「胃ろう」の手術をするかどうか悩まれておられ、気にはなっておりましたが、手術を待たず永眠されたとの事でした。ご冥福をお祈り申し上げます。合掌

幹部会のほうは、いつもも通り合気道談義で盛り上がりました。今回はこれまでのような事件も起こらず無事全員帰途に着きました。

ただ、題名に有る様に、今日門川師範から古曽部の土曜日の合気道教室の存続が危ぶまれるお話をいただきました。島本町に続いて高槻市でも稽古場問題が課題となって参りました。島本町は年間予約の時期が参りました。他団体と折り合いをつけ上手く稽古日を確保しなければなりません。またまた悩みが増えました。

それはさておき、本日至誠館の方のS木さんに(財)大阪合気会の鏡開き式の時のカラオケでの写真をいただきました。眞武館の二番弟子S木さんとのツーショットですが、まるで夫婦のように映っているので家内に見せられません。と、言いながら迎えに来てもらった車内で妻に見せましたらカラオケに連れて行くことを約束せざるを得ない状況に・・・家には無事到着しましたのでご心配なく。

(2012年の本日までの稽古時間/稽古日数=27時間/11日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。