一進一退

本日は、合気道至誠館市役所道場の稽古日でしたが稽古に参れませんでした。
昨日入門くださった、十五番弟子T浜さんは無事出稽古に参加できたのでしょうか?

本日は、面会時間ぎりぎりまで職場に居残り会議をしておりました。たった十五分ですが母の看病に参りました。
ちょうど吸入器をしているところでしたが、話しかけても目は開いているのですが虚ろで反応がありません。

一昨日の笑顔や会話が嘘のようです。吸入の後、痰の除去を看護師さんにして頂いておりましたが、非常に苦手なようで、前回この処置を見た時と同じく、鼻からチューブを入れられて吸引されたとたんに動くほうの右手で止めさせようと看護師さんの手を払いのけ様とします。

この様な動きでも反応があったことをうれしく思ってしまいます。医療処置が怖くて仕方がない母にとっては、かわいそうで見ていられませんが、無反応になるよりましです。

本当に一進一退で目が離せません。ただ、血液中の酸素飽和度が非常に良くなったようで、次男の言っていた通り、酸素のチューブが昨日から外れたようです。栄養チューブも外れれば良いのですが・・・・

見舞いと共にはずした母の右手のミトンをまたはめて、チューブを抜かないようにしてから、たった15分の見舞いを終えました。帰るよと声をかけても一昨日のように手を振ってくれることは無く無反応です。至誠館の稽古には間に合う時間でしたが、やはり気持ちがその気に成れません・・・・

一日も早く回復に向かうように・・・一緒に見舞いに来た家内に道場ではなく自宅に向かうように言って、自家用車で帰宅しました。仕事のほうも大変負荷が高くなっており公私共々、日々本当に疲れます。何とか疲れとストレスを癒す様にしなければ・・・・いつもの自分を見失わないようにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。